会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

火口湖から分離された3種の担子菌類の新規酵母種であるsp | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int. J. Syst. Evol. Microbiol..2019 Dec;69(12):3728-3739. doi: 10.1099/ijsem.0.003637.

火口湖から分離された3種の担子菌類の新規酵母種であるsp

sp. nov., sp. nov. and sp. nov., three novel basidiomycetous yeast species isolated from crater lakes.

  • Ai-Hua Li
  • Yu Zhou
  • Bi-Si Jia
  • Zi-Xuan Liu
  • José Paulo Sampaio
  • Yu-Guang Zhou
PMID: 31693471 DOI: 10.1099/ijsem.0.003637.

抄録

中国東北部の大興安山地のアルクサン-チャイヘ火山帯には、様々な典型的な火口湖が存在する。本研究では、5つの火口湖から採取した水を用いて酵母の多様性調査を行い、25属33種122株の酵母を分離した。その結果、多遺伝子系統解析と生理学的データの比較により、TFL1-L、TFL2B、ATC4Cの3株を本菌種に属する3つの新種と同定した。また、7つの遺伝子の配列を用いた系統研究の結果、新種は、分離した3つの系統の系統との関連性が高く、近縁種は 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 、 。CBS 8678株、CBS 5029株、SN-82株のTFL1-L株、TFL2B株、ATC4C株のLSU配列のD1/D2ドメインの発散量はそれぞれ4.8,3.4,2.1 %,であった。また、TFL1-L株、TFL2B株、ATC4C株とそれらの近縁種(、、、)との間のITS領域の配列の発散値は、それぞれ16.1、5.9、8.1 "Zs_200A"%であった。さらに、これら3つの菌株は、異なる炭素源と窒素源で生育する能力を持つことで、系統的に隣接する菌株とは異なっていた。これらの知見に基づいて,これらの菌株は3つの新種であることが示唆された。(ホロタイプCGMCC 2.5595),sp.(holotype CGMCC 2.5595),sp.(holotype CGMCC 2.5574)が提案されている。

The Arxan-Chaihe volcanic field of the Da Hinggan mountains in north-East PR China hosts various typical crater lakes. In this study we performed a yeast diversity survey using water sampled from five crater lakes and a total of 122 yeast strains belonging to 33 species of 25 genera were isolated. Three strains, TFL1-L, TFL2B and ATC4C, were identified as three novel species belonging to the based on a multiple gene phylogeny and on the comparison of physiological data. A phylogenetic study employing the sequences of seven genes indicated that the new species were more related to three separated phylogenetic lineages of the and their closest relatives were , and . The divergence values of the D1/D2 domain of LSU sequences of strains TFL1-L, TFL2B and ATC4C from CBS 8678, CBS 5029 and SN-82 were 4.8,3.4,2.1 %, respectively. The divergence values of the sequences of ITS regions between strains TFL1-L, TFL2B and ATC4C and their close relatives (, and ) were 16.1, 5.9 and 8.1  %, respectively. Moreover, the three strains differed from their phylogenetic neighbours by the ability to grow on distinct carbon and nitrogen sources. On the basis of these findings, it is suggested that these strains represent three novel species for which the names sp. nov. (holotype CGMCC 2.5595), sp. nov. (holotype CGMCC 2.5580) and sp. nov. (holotype CGMCC 2.5574) are proposed.