会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

肥満者の脂肪組織におけるビタミンD受容体遺伝子発現はmiRNAによって制御され、プロ炎症性サイトカインレベルと相関する | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int J Mol Sci.2019 Oct;20(21). E5272. doi: 10.3390/ijms20215272.Epub 2019-10-24.

肥満者の脂肪組織におけるビタミンD受容体遺伝子発現はmiRNAによって制御され、プロ炎症性サイトカインレベルと相関する

Vitamin D Receptor Gene Expression in Adipose Tissue of Obese Individuals is Regulated by miRNA and Correlates with the Pro-Inflammatory Cytokine Level.

  • Marta Izabela Jonas
  • Alina Kuryłowicz
  • Zbigniew Bartoszewicz
  • Wojciech Lisik
  • Maurycy Jonas
  • Krzysztof Kozniewski
  • Monika Puzianowska-Kuznicka
PMID: 31652924 PMCID: PMC6862513. DOI: 10.3390/ijms20215272.

抄録

:ビタミンD(VD)が脂肪細胞の炎症活動を制御する役割を担っていることから、肥満が脂肪組織におけるVD関連遺伝子の発現を変化させるかどうか、変化させる場合にはこの現象がマイクロRNA干渉に依存しているかどうか、また、局所的な炎症性環境にどのような影響を与えるかを調べることを目的とした。肥満者55名(BMI>40kg/m)と正常体重者31名(BMI20-24.9kg/m)の内臓脂肪組織(VAT)と皮下脂肪組織(SAT)におけるVD1α-ヒドロキシラーゼ()、24-ヒドロキシラーゼ()、レセプター()、選択されたインターロイキン、マイクロRNAをコードする遺伝子の発現をリアルタイムPCRで評価した。9 kg/m)の人の脂肪組織では、正常体重の人よりも肥満の人の方がmRNAレベルが高かったが、正常体重の人よりも肥満の人の脂肪組織ではレベルが低かった(VAT: = 0.04、SAT: < 0.0001、VAT: = 0.004、SAT: = 0.016、それぞれ)。肥満被験者のin VATの発現は、miR-125a-5p(=0.0006、r=-0.525)、miR-125b-5p(=0.001、r=-0.495)、およびmiR-214-3p(=0.009、r=-0.379)のレベルと負の相関を示した。また、肥満者の内臓脂肪組織におけるmRNA濃度は、インターロイキン1β、6、8のmRNA濃度と正の相関を示した:脂肪組織における肥満に伴うmRNA濃度のアップレギュレーションとダウンレギュレーションが観察された。

: Given the role that vitamin D (VD) plays in the regulation of the inflammatory activity of adipocytes, we aimed to assess whether obesity changes the expression of VD-related genes in adipose tissue and, if so, to investigate whether this phenomenon depends on microRNA interference and how it may influence the local inflammatory milieu. : The expression of genes encoding VD 1α-hydroxylase (), 24-hydroxylase () and receptor (), selected interleukins and microRNAs was evaluated by real-time PCR in visceral (VAT) and in subcutaneous (SAT) adipose tissues of 55 obese (BMI > 40 kg/m) and 31 normal-weight (BMI 20-24.9 kg/m) individuals. : mRNA levels were higher, while levels were lower in adipose tissues of obese patients than in those of normal-weight controls (VAT: = 0.04, SAT: < 0.0001 and VAT: = 0.004, SAT: = 0.016, respectively). The expression of in VAT of obese subjects correlated negatively with levels of miR-125a-5p ( = 0.0006, r = -0.525), miR-125b-5p ( = 0.001, r = -0.495), and miR-214-3p ( = 0.009, r = -0.379). Additionally, mRNA concentrations in visceral adipose tissues of obese subjects correlated positively with mRNA levels of interleukins: 1β, 6 and 8. : We observed obesity-associated up-regulation of and down-regulation of mRNA levels in adipose tissue. expression correlates with the expression of pro-inflammatory cytokines and may be regulated by miRNAs.