国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

グリーンイグアナにおけるミダゾラムとフルマゼニルの評価のためのげっ歯類鎮静試験の使用() | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Am. Assoc. Lab. Anim. Sci..2019 11;58(6):810-816. doi: 10.30802/AALAS-JAALAS-19-000005.Epub 2019-10-23.

グリーンイグアナにおけるミダゾラムとフルマゼニルの評価のためのげっ歯類鎮静試験の使用()

Use of Rodent Sedation Tests to Evaluate Midazolam and Flumazenil in Green Iguanas ().

  • Thais F Bressan
  • Thayanee Sobreira
  • Adriano B Carregaro
PMID: 31645234 PMCID: PMC6926402. DOI: 10.30802/AALAS-JAALAS-19-000005.

抄録

本研究は、グリーンイグアナにおけるミダゾラムとフルマゼニルの効果を評価するための齧歯類行動試験の適用性を評価することを目的としている。10頭の稚魚イグアナを対象に、ネズミの鎮静効果を評価するために一般的に用いられている4つの試験(野外試験、強制水泳試験、行動スケール、牽引試験)を実施しました。動物にはミダゾラム(2 mg/kg IM)または0.9% NaCl(0.4 mL/kg IM)を投与し、0~300分後に試験を実施した。ミダゾラムとフルマゼニルの効果を検証するために、評価段階から最も有益な試験と肢体離脱潜時(LWLT)を用いた。イグアナ全10頭について、以下の4つの条件で試験を行った。MS、ミダゾラム(2 mg/kg IM)、30分後に0.9% NaCl(0.4 mL/kg IM)、FS、フルマゼニル(0.05 mg/kg IM)、30分後に0.9% NaCl(0.4 mL/kg IM)、MF、ミダゾラム(2 mg/kg IM)、30分後にフルマゼニル(0.05 mg/kg IM)、CON、0.9% NaCl(0.4 mL/kg IM)の4つの条件で試験を行った。行動スケールと強制水泳試験では、薬物投与後15分から240分の間に試験を行い、鎮静状態のイグアナと対照イグアナの発症、効果のピーク、差を最もよく検出できた。ミダゾラムの鎮静効果は15分後に始まり、行動尺度で評価した場合は180分後、強制水泳試験で評価した場合は240分後まで持続したが、フルマゼニルの投与は鎮静効果を逆転させた。ミダゾラム投与群では投与後15~30分でLWLTの上昇が認められた。フルマゼニルはFS群では15~180分後に、MF群では60分後にLWLTを低下させた。結論として,イグアナの鎮静を評価するための最良の方法は,行動尺度と強制水泳試験であった。ミダゾラム2mg/kgの投与で鎮静効果を示し、フルマゼニルでその効果を逆転させることができた。

This study aimed to evaluate the applicability of rodent behavioral tests to assess the effects of midazolam and flumazenil in green iguanas. Four tests commonly used to assess sedation in rodents-the open field test, forced swim test, behavioral scale, and traction test-were conducted in 10 juveniles iguanas. The animals received midazolam (2 mg/kg IM) or 0.9% NaCl (0.4 mL/kg IM), and the tests were conducted between 0 and 300 min thereafter. To verify the effects of midazolam and flumazenil, the most informative tests from the evaluation stage and the limb withdrawal latency time (LWLT) were used. All 10 iguanas were tested under 4 conditions, as follows: MS, midazolam (2 mg/kg IM), followed 30 min later by 0.9% NaCl (0.4 mL/kg IM); FS, flumazenil (0.05 mg/kg IM), followed by 0.9% NaCl (0.4 mL/kg IM) 30 min later; MF, midazolam (2 mg/ kg IM), followed by flumazenil (0.05 mg/kg IM) 30 min later; and CON, 0.9% NaCl (0.4 mL/kg IM). The behavioral scale and the forced swim test showed the best detection of the onset, peak effect, and the differences between the sedated and control iguanas, with testing done between 15 and 240 min after drug administration. The sedative effect of midazolam began at 15 min and persisted through 180 min when assessed on the behavioral scale and 240 min when assessed by the forced swim test; flumazenil administration reversed the sedative effect. An increase in the LWLT was observed in the midazolam treatment groups between 15 and 30 min after drug administration. Flumazenil decreased LWLT between 15 and 180 min in the FS and at 60 min in the MF. In conclusion, the best methods to assess sedation in iguanas were the behavioral scale and the forced swim test. A dose of 2 mg/kg of midazolam was effective at inducing sedation in these juvenile iguanas, and this effect could be reversed by flumazenil.