会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

Y-90標識ラクタム環化α-メラノサイト刺激ホルモンペプチドのメラノーマターゲティング効果 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Cancer Biother. Radiopharm..2019 Nov;34(9):597-603. doi: 10.1089/cbr.2019.3049.Epub 2019-10-23.

Y-90標識ラクタム環化α-メラノサイト刺激ホルモンペプチドのメラノーマターゲティング効果

Melanoma-Targeting Property of Y-90-Labeled Lactam-Cyclized α-Melanocyte-Stimulating Hormone Peptide.

  • Jingli Xu
  • Jianquan Yang
  • Rene Gonzalez
  • Darrell R Fisher
  • Yubin Miao
PMID: 31644317 PMCID: PMC6856944. DOI: 10.1089/cbr.2019.3049.

抄録

本研究の目的は、Y-DOTA-GGNle-CycMSHのメラノーマ標的性を評価し、治療への応用を促進することである。 DOTA-GGNle-CycMSHを合成し、0.25M NHAc緩衝液中で容易にYで標識してY-DOTA-GGNle-CycMSHを生成した。Y-DOTA-GGNle-CycMSHの特異的な受容体結合、内部化および流出をB16/F10マウスメラノーマ細胞を用いて決定した。Y-DOTA-GGNle-CycMSHの生体分配特性をB16/F10メラノーマ担持C57マウスを用いて調べた。Y-DOTA-GGNle-CycMSHは、B16/F10メラノーマ細胞において、受容体特異的な結合、迅速な内部化、および長時間の流出を示した。Y-DOTA-GGNle-CycMSHは、B16/F10メラノーマを担持したC57マウスにおいて、メラノーマへの高い取り込みと長時間の滞留、および迅速な尿中クリアランスを示した。B16/F10腫瘍への取り込みは、0.5、2、4、24時間後にそれぞれ20.73%±7.99%、19.93%±5.73%、14.8%±4.61%、6.69%±1.85%ID/gであり、B16/F10腫瘍への取り込みは、0.5、2、4、24時間後にそれぞれ20.73%±7.99%、19.93%±5.73%、14.8%±4.61%、6.69%±1.85%ID/gであった。Y-DOTA-GGNle-CycMSHは、B16/F10メラノーマ細胞および腫瘍に対して、メラノコルチン-1受容体(MC1R)を標的とした特異性を示しました。また、Y-DOTA-GGNle-CycMSHの良好なメラノーマターゲティング性と尿中クリアランスの速さから、今後のメラノーマ治療への応用が期待されます。

The purpose of this study was to evaluate melanoma-targeting property of Y-DOTA-GGNle-CycMSH to facilitate its potential therapeutic application. DOTA-GGNle-CycMSH was synthesized and readily labeled with Y in 0.25 M NHAc-buffered solution to generate Y-DOTA-GGNle-CycMSH. The specific receptor binding, internalization, and efflux of Y-DOTA-GGNle-CycMSH were determined on B16/F10 murine melanoma cells. The biodistribution property of Y-DOTA-GGNle-CycMSH was examined on B16/F10 melanoma-bearing C57 mice. Y-DOTA-GGNle-CycMSH displayed receptor-specific binding, rapid internalization, and prolonged efflux on B16/F10 melanoma cells. Y-DOTA-GGNle-CycMSH exhibited high uptake and prolonged retention in melanoma, and fast urinary clearance on B16/F10 melanoma-bearing C57 mice. The B16/F10 tumor uptake was 20.73% ± 7.99%, 19.93% ± 5.73%, 14.8% ± 4.61%, and 6.69% ± 1.85% ID/g at 0.5, 2, 4, and 24 h postinjection, respectively. Y-DOTA-GGNle-CycMSH displayed melanocortin-1 receptor (MC1R) targeting and specificity on B16/F10 melanoma cells and tumors. The favorable melanoma-targeting property and fast urinary clearance of Y-DOTA-GGNle-CycMSH warranted its evaluation for melanoma therapy in future studies.