会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

中国・上海の障害者の服薬アドヒアランスにはどちらが重要か?家族支援とプライマリ・ヘルスケアのどちらが重要か? | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Inquiry.2019 Jan-Dec;56:46958019883175. doi: 10.1177/0046958019883175.

中国・上海の障害者の服薬アドヒアランスにはどちらが重要か?家族支援とプライマリ・ヘルスケアのどちらが重要か?

Which Matters More for Medication Adherence Among Disabled People in Shanghai, China: Family Support or Primary Health Care?

  • Jiaoling Huang
  • Zhiyun Jiang
  • Tao Zhang
  • Luan Wang
  • Yiming Chu
  • Mei Shen
  • Hong Liang
  • Shanshan Liu
  • Yimin Zhang
  • Chengjun Liu
PMID: 31631723 PMCID: PMC6804357. DOI: 10.1177/0046958019883175.

抄録

障害者の多くは健康状態が悪い。また、継続的な投薬を必要とする複数の疾患を抱えていることも少なくありません。本研究は、障害者の服薬アドヒアランスに関連する要因を探ることを目的としており、特に家族やプライマリ・ヘルスケア・サポートに関連する要因に焦点を当てています。226名の障害者を対象に質問紙調査を実施しました。分析は、4つのカテゴリーの予測変数を含む順序付きロジスティック回帰モデルを用いて行った。その結果、地域医療サービスセンターが服薬アドヒアランスの改善に肯定的な役割を果たしているのに対し、参加者の家族が果たしている役割はより複雑であることがわかった。具体的には、パンフレットを入手している人ほど服薬アドヒアランスが高い傾向がありました(オッズ比[OR]=2.732、95%信頼区間[CI]=1.349-5.532)。既婚者と比較して、寡婦の参加者(OR = 0.207、95%CI = 0.069-0.620)と離婚した参加者(OR = 0.330、95%CI = 0.057-1.914)は服薬アドヒアランスが高い確率が低かったのに対し、独身の参加者の服薬アドヒアランスが高い確率は既婚者と同じ1.679倍(OR = 1.679、95%CI = 0.668-4.224)であった。家族から処方箋の援助を受けた参加者の服薬アドヒアランスが向上するオッズは、そのような援助を受けなかった参加者のオッズよりも60%近く低かった(OR = 0.460、95%CI = 0.216-0.979)。このように、参加者の家族が果たした役割は保護と損害の両方であったのに対し、地域保健サービスセンターの役割はより明確であった。これらの知見は、さらなる調査の価値がある。

Most disabled people have poor health status. They often have multiple diseases requiring continual medication. This study aimed to explore the factors associated with medication adherence among disabled people, with a particular focus on the factors associated with family and primary health care support. A questionnaire survey was conducted among 226 disabled individuals. The analysis was performed using an ordered logistic regression model, including 4 categories of predictor variables. We found that the community health service center played a positive role in improving medication adherence, whereas the role played by the participant's family was more complicated. Specifically, those obtaining a brochure were more likely to have higher medication adherence (odds ratio [OR] = 2.732, 95% confidence interval [CI] = 1.349-5.532). Compared with those who were married, widowed participants (OR = 0.207, 95% CI = 0.069-0.620) and divorced participants (OR = 0.330, 95% CI = 0.057-1.914) had lower odds of having greater adherence, whereas the odds of having greater adherence for single participants were 1.679 times the same odds for married participants (OR = 1.679, 95% CI = 0.668-4.224). The odds of having greater medication adherence for participants receiving help with prescriptions from a family member were almost 60% lower than these odds for those who did not receive this kind of help (OR = 0.460, 95% CI = 0.216-0.979). Thus, the role played by participants' family members was both protective and damaging, whereas the role of the community health service center was clearer. These findings merit further exploration.