会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

シアノバクテリアにおける炭素/窒素のホメオスタシス制御 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
FEMS Microbiol. Rev..2020 Jan;44(1):33-53. 5588610. doi: 10.1093/femsre/fuz025.

シアノバクテリアにおける炭素/窒素のホメオスタシス制御

Carbon/nitrogen homeostasis control in cyanobacteria.

  • Karl Forchhammer
  • Khaled A Selim
PMID: 31617886 DOI: 10.1093/femsre/fuz025.

抄録

炭素/窒素(C/N)バランスセンシングは、細胞の恒常性維持のための重要な要件である。そのため、シアノバクテリアは、窒素同化のための炭素骨格である2-オキソグルタル酸(2-OG)という代謝物を標的とした高度なシグナル伝達ネットワークを進化させてきました。2-オキソグルタル酸(2-OG)は、転写因子NtcAとNdhR、および汎用性の高いPIIシグナル伝達タンパク質によって感知される細胞内のC/Nバランスのステータスレポーターとして機能します。PIIタンパク質は、アデニルヌクレオチド結合を介して2-OGシグナルを細胞のエネルギー状態と結合させ、マルチタスクのシグナル統合調節因子として機能する。これらの統合されたシグナルに応じて、PIIは様々な標的に結合し、環境の変化に応じて代謝活動を調整しています。最近では、2-OG以外にも、細胞の炭素状態を示すステータスレポーター代謝物が発見されています。その一つが、PII様タンパク質SbtBによって感知されるcAMPである。本研究では、単細胞モデル株であるSynechoccus elongatusとSynechocystis sp. PCC 6803を中心に、これらの複雑な制御ループの生理的枠組み、代謝との密接な関連性、シグナル伝達過程を支配する分子機構に焦点を当てている。

Carbon/nitrogen (C/N) balance sensing is a key requirement for the maintenance of cellular homeostasis. Therefore, cyanobacteria have evolved a sophisticated signal transduction network targeting the metabolite 2-oxoglutarate (2-OG), the carbon skeleton for nitrogen assimilation. It serves as a status reporter for the cellular C/N balance that is sensed by transcription factors NtcA and NdhR and the versatile PII-signaling protein. The PII protein acts as a multitasking signal-integrating regulator, combining the 2-OG signal with the energy state of the cell through adenyl-nucleotide binding. Depending on these integrated signals, PII orchestrates metabolic activities in response to environmental changes through binding to various targets. In addition to 2-OG, other status reporter metabolites have recently been discovered, mainly indicating the carbon status of the cells. One of them is cAMP, which is sensed by the PII-like protein SbtB. The present review focuses, with a main emphasis on unicellular model strains Synechoccus elongatus and Synechocystis sp. PCC 6803, on the physiological framework of these complex regulatory loops, the tight linkage to metabolism and the molecular mechanisms governing the signaling processes.

© FEMS 2019.