会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

8p11の骨髄増殖性症候群:最近の文献のレビュー | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Rinsho Ketsueki.2019;60(9):1157-1165. doi: 10.11406/rinketsu.60.1157.

8p11の骨髄増殖性症候群:最近の文献のレビュー

[The 8p11 myeloproliferative syndrome: a review of recent literature].

  • Keita Kirito
PMID: 31597839 DOI: 10.11406/rinketsu.60.1157.

抄録

8p11骨髄増殖症候群(EMS)は、8p11-12.1染色体座に位置する線維芽細胞増殖因子-1遺伝子に関連した染色体異常の存在によって定義される比較的まれな血液悪性腫瘍である。現在までに報告されている症例は約100例に過ぎません。EMS患者は骨髄増殖性新生物、急性骨髄性白血病、T型・B型リンパ芽球性リンパ腫など、様々な形態の骨髄・リンパ系悪性腫瘍を合併しており、これらは好酸球増多症を伴うことが多い。EMSの予後は悪く、標準的な治療法はまだ確立されていません。PDGFR-AやPDGFR-Bの再配列に関連する骨髄系・リンパ系新生物とは対照的に、チロシンキナーゼ阻害剤(TKI)イマチニブはEMS患者にとって有効な治療法ではない。他のTKIであるPKC412、ソラフェニブ、ポナチニブ、ダサチニブ、ドビチニブは、in vitro試験で数種類のFGFR-1融合遺伝子を持つ細胞に対して増殖抑制効果を示したが、いずれの薬剤も臨床試験でその有用性は確認されていない。そのため、現在のところEMSの治療法は造血幹細胞移植が唯一の治療法である。最近、FGFR1阻害薬であるペミガチニブを用いた第2相試験では、大規模な細胞遺伝学的効果を含むEMS患者の臨床的有用性が示されており、EMSの新たな治療法の選択肢を示唆している。

The 8p11 myeloproliferative syndrome (EMS) is a relatively rare hematological malignancy defined by the presence of chromosomal abnormalities associated with fibroblast growth factor-1 gene, located in the 8p11-12.1 chromosomal locus. To date, only around a hundred cases have been reported in the literature. Patients with EMS present with various forms of myeloid/lymphoid malignancies, such as myeloproliferative neoplasms, acute myeloid leukemia, and T- or B-linage lymphoblastic lymphoma, which are frequently associated with eosinophilia. Prognosis of EMS is poor and a standard treatment strategy has not yet been established. In contrast to myeloid/lymphoid neoplasms associated with PDGFR-A or PDGFR-B rearrangement, the tyrosine kinase inhibitor (TKI) imatinib is not an effective therapeutic option for EMS patients. Other types of TKI, i.e., PKC412, sorafenib, ponatinib, dasatinib, and dovitinib, show growth-inhibitory effects against the cells harboring several types of FGFR-1 fusion genes in in vitro studies; however, the usefulness of either drug has not been confirmed by clinical trials. Therefore, at present, allo-hematopoietic stem cell transplantation is the only curative methods for EMS. Very recently, a phase-2 study with pemigatinib, an inhibitor for FGFR1, showed clinical benefits for EMS patients, including major cytogenetic response, suggesting a new therapeutic option for EMS.