会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

腸内マイクロバイオーム、食事、環境が大腸がんのリスクに及ぼす影響 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Gastroenterology.2020 01;158(2):322-340. S0016-5085(19)41369-3. doi: 10.1053/j.gastro.2019.06.048.Epub 2019-10-03.

腸内マイクロバイオーム、食事、環境が大腸がんのリスクに及ぼす影響

Influence of the Gut Microbiome, Diet, and Environment on Risk of Colorectal Cancer.

  • Mingyang Song
  • Andrew T Chan
  • Jun Sun
PMID: 31586566 PMCID: PMC6957737. DOI: 10.1053/j.gastro.2019.06.048.

抄録

研究者らは、腸内マイクロバイオーム(特定の微生物、シグナル伝達経路、微生物関連代謝物を含む)の要素と大腸がん(CRC)のリスクとの間に関連性があることを発見している。しかし、腸内マイクロバイオームの変化が散発性CRCの発症に寄与しているのか、あるいはその結果なのかは不明である。腸内マイクロバイオームの変化は、CRCのリスクに対する環境因子の影響を媒介したり、修正したりすることができる。CRCのリスクに影響を与える因子は、過体重および肥満、身体活動、食物繊維、全粒穀物、赤身および加工肉の摂取などの腸内マイクロバイオームにも影響を与える。これらの因子は、CRCの発症を媒介する代謝経路および免疫経路とともに、マイクロバイオームの構造と機能を変化させる。我々は、マイクロバイオーム、食事、環境因子がCRCの発生率と転帰に及ぼす影響に関する疫学的証拠と実験室での証拠をレビューする。これらのデータに基づいて、腸内マイクロバイオームの特徴をCRCのスクリーニングに利用し、化学予防と治療のために修正することができるかもしれない。これらの戦略を検討するためには、統合的なプロスペクティブ研究が早急に必要である。

Researchers have discovered associations between elements of the intestinal microbiome (including specific microbes, signaling pathways, and microbiota-related metabolites) and risk of colorectal cancer (CRC). However, it is unclear whether changes in the intestinal microbiome contribute to the development of sporadic CRC or result from it. Changes in the intestinal microbiome can mediate or modify the effects of environmental factors on risk of CRC. Factors that affect risk of CRC also affect the intestinal microbiome, including overweight and obesity; physical activity; and dietary intake of fiber, whole grains, and red and processed meat. These factors alter microbiome structure and function, along with the metabolic and immune pathways that mediate CRC development. We review epidemiologic and laboratory evidence for the influence of the microbiome, diet, and environmental factors on CRC incidence and outcomes. Based on these data, features of the intestinal microbiome might be used for CRC screening and modified for chemoprevention and treatment. Integrated prospective studies are urgently needed to investigate these strategies.

Copyright © 2020 AGA Institute. Published by Elsevier Inc. All rights reserved.