国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

ホスホリパーゼCがブタ初代肉芽腫細胞のアポトーシスを抑制します | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Ovarian Res.2019 Sep;12(1):90. 10.1186/s13048-019-0567-4. doi: 10.1186/s13048-019-0567-4.Epub 2019-09-25.

ホスホリパーゼCがブタ初代肉芽腫細胞のアポトーシスを抑制します

Phospholipase C inhibits apoptosis of porcine primary granulosa cells cultured in vitro.

  • Huali Chen
  • Youfu Yang
  • Youlin Wang
  • Yuan Li
  • Yamei He
  • Jiaxin Duan
  • Dejun Xu
  • Yifei Pei
  • Jianyong Cheng
  • Li Yang
  • Rongmao Hua
  • Xiaoya Li
  • Jie Wang
  • Xiaohan Jiang
  • Huanshan He
  • Lin Wu
  • Dingbang Liu
  • Qingwang Li
PMID: 31554511 PMCID: PMC6761717. DOI: 10.1186/s13048-019-0567-4.

抄録

ホスホリパーゼC(PLC)は細胞の増殖、分化、老化に関与している。しかし、豚初代肉芽細胞のアポトーシスに関与しているかどうかは、ほとんど不明である。本研究の目的は、インビトロで培養したブタ初代肉芽細胞のアポトーシスに対するPLCの影響を調べることであった。U73122(PLC阻害剤)を投与した細胞では、BAK、BAX、CASP3のmRNA発現が上昇していた。BCL2 mRNAの発現量は増加し,BAXおよびCASP3 mRNAの発現量はm-3M3FBS(PLC活性化剤)で減少した.早期アポトーシスと後期アポトーシスの両方の速度は、0.5μMU73122を4時間処理することで最大化した。その結果、m-3M3FBS群では初期アポトーシスが4時間後に最も高く、後期アポトーシスが12時間後に最も高くなった。また、PLCβ1、プロテインキナーゼCβ(PKCβ)、カルモジュリン依存性プロテインキナーゼIIα(CAMKIIα)およびカルシニューリンA(CalnA)のタンパク質量はU73122により減少し、CAMKIIαのタンパク質量はm-3M3FBSにより増加した。また、下流遺伝子(CDC42, NFATc1, NFκB)のmRNA発現は、PLCによりアップレギュレーションされた。以上の結果から、インビトロで培養したブタ初代肉芽腫細胞において、アポトーシスを抑制することが可能であることが明らかとなり、その過程にはいくつかの石灰化感受性標的や下流遺伝子が関与している可能性があることが示唆された。

Phospholipase C (PLC) can participate in cell proliferation, differentiation and aging. However, whether it has a function in apoptosis in porcine primary granulosa cells is largely uncertain. The objective of this study was to examine the effects of PLC on apoptosis of porcine primary granulosa cells cultured in vitro. The mRNA expression of BAK, BAX and CASP3, were upregulated in the cells treated with U73122 (the PLC inhibitor). The abundance of BCL2 mRNA, was upregulated, while BAX and CASP3 mRNA expression was decreased after treatment with m-3M3FBS (the PLC activator). Both the early and late apoptosis rate were maximized with 0.5 μM U73122 for 4 h. The rate of early apoptosis was the highest at 4 h and the rate of late apoptosis was the highest at 12 h in the m-3M3FBS group. The protein abundance of PLCβ1, protein kinase C β (PKCβ), calmodulin-dependent protein kinaseII α (CAMKIIα) and calcineurinA (CalnA) were decreased by U73122, and CAMKIIα protein abundance was increased by m-3M3FBS. The mRNA expression of several downstream genes (CDC42, NFATc1, and NFκB) was upregulated by PLC. Our results demonstrated that apoptosis can be inhibited by altering PLC signaling in porcine primary granulosa cells cultured in vitro, and several calciumsensitive targets and several downstream genes might take part in the processes.