国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

不妊・妊娠における抗精子抗体の役割と避妊・抗不妊ワクチンデザインの可能性.研究の進展と先駆的なビジョン | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Vaccines (Basel).2019 Sep;7(3). E116. doi: 10.3390/vaccines7030116.Epub 2019-09-16.

不妊・妊娠における抗精子抗体の役割と避妊・抗不妊ワクチンデザインの可能性.研究の進展と先駆的なビジョン

Role of Antisperm Antibodies in Infertility, Pregnancy, and Potential forContraceptive and Antifertility Vaccine Designs: Research Progress and Pioneering Vision.

  • Vickram A S
  • Kuldeep Dhama
  • Sandip Chakraborty
  • Hari Abdul Samad
  • Shyma K Latheef
  • Khan Sharun
  • Sandip Kumar Khurana
  • Archana K
  • Ruchi Tiwari
  • Prakash Bhatt
  • Vyshali K
  • Wanpen Chaicumpa
PMID: 31527552 PMCID: PMC6789593. DOI: 10.3390/vaccines7030116.

抄録

ヒト、霊長類以外の哺乳類の精子は抗原性があると考えられている。自己免疫の変化が精子や卵母細胞などの生殖細胞に与える影響は、生殖能力に重要な役割を果たしていますが、明確ではありません。抗精子抗体(ASA)は、女性と男性の両方に必ず存在する。しかし、ASAの発現の程度は個人差や性別によって異なります。ASAだけによる不妊の程度はまだ明らかにされていませんが、異なる原因で不妊になる患者さんのほぼ9~12%に認められています。女性の生殖管内での性交後の精子の存在は、ASAの発生に寄与する要因ではありません。しかし、膣粘膜の外傷や、肛門性交や口腔性交によって消化管内に精子が沈着することで、ASAの発生が誘発されることがあります。ヒトや他の種では、少なくともいくつかの抗体が精子の抗原に結合して不妊症を引き起こす可能性があると強く信じられています。このような不妊症は免疫学的不妊症と呼ばれ、正常精子症の人でも受胎能力の低下を伴うことがある。研究者は、主に以下の2つの理由からASAを標的としています。(i)ASAsと不妊症の関連性、ASAsが不妊症を引き起こす理由、およびASAsが媒介する不妊症のメカニズムを解明すること、および(ii)ASAsが不妊症に影響を及ぼす場合のヒトにおける避妊薬としてのASAsの可能性を評価することである。したがって、本レビューでは、避妊目的の抗精子ワクチンの開発におけるASAの潜在的な応用について検討する。閉塞性無精子症、サルペン炎、乏突起性無精子症の診断におけるASAの有用性については、これまでにも多くのレビューがなされている。また、避妊薬として利用される可能性のある精子動物由来のワクチンの候補に関する重要な特許についても深く議論されています。また、抗不妊ワクチンやASAに関連した不妊症の治療法についても取り上げています。このレビューでは、男性不妊症の診断や予後にASAが関与するメカニズムに関する多くの未解決の問題を取り上げています。また、ASAが不妊症に果たすべき役割のメカニズムを裏付ける、より多くの科学的報告を引用しています。ヒトや野生動物、飼育動物の避妊ワクチンにおける精子抗原またはASA(組換え)の有用性は研究によって明らかにされていますが、臨床試験によって検証されるまでには至っていません。

Sperm of humans, non-human primates, and other mammalian subjects is considered to be antigenic. The effect of changes in autoimmunity on reproductive cells such as spermatozoa and oocytes play a critical but indistinct role in fertility. Antisperm antibodies (ASAs) are invariably present in both females and males. However, the degree of ASA occurrence may vary according to individual and gender. Although the extent of infertility due to ASAs alone is yet to be determined, it has been found in almost 9-12% of patients who are infertile due to different causes. Postcoital presence of spermatozoa in the reproductive tract of women is not a contributory factor in ASA generation. However, ASA generation may be induced by trauma to the vaginal mucosa, or by anal or oral sex resulting in the deposition of sperm inside the digestive tract. It is strongly believed that, in humans and other species, at least some antibodies may bind to sperm antigens, causing infertility. This form of infertility is termed as immunological infertility, which may be accompanied by impairment of fertility, even in individuals with normozoospermia. Researchers target ASAs for two major reasons: (i) to elucidate the association between ASAs and infertility, the reason ASAs causes infertility, and the mechanism underlying ASA-mediated infertility; and (ii) to assess the potential of ASAs as a contraceptive in humans in case ASAs influences infertility. Therefore, this review explores the potential application of ASAs in the development of anti-spermatozoa vaccines for contraceptive purposes. The usefulness of ASAs for diagnosing obstructive azoospermia, salpingitis, and oligoasthenoteratozoospermia has been reviewed extensively. Important patents pertaining to potential candidates for spermatozoa-derived vaccines that may be utilized as contraceptives are discussed in depth. Antifertility vaccines, as well as treatments for ASA-related infertility, are also highlighted. This review will address many unresolved issues regarding mechanisms involving ASAs in the diagnosis, as well as prognoses, of male infertility. More documented scientific reports are cited to support the mechanisms underlying the potential role of ASA in infertility. The usefulness of sperm antigens or ASAs (recombinant) in human and wild or captive animal contraceptive vaccines has been revealed through research but is yet to be validated via clinical testing.