国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

更年期障害への移行期における心身症状と血管運動症状の変化 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Prz Menopauzalny.2019 Jun;18(2):110-115. 86835. doi: 10.5114/pm.2019.86835.Epub 2019-06-28.

更年期障害への移行期における心身症状と血管運動症状の変化

Psychosomatic and vasomotor symptom changes during transition to menopause.

  • Areti Augoulea
  • Michalis Moros
  • Aikaterini Lykeridou
  • George Kaparos
  • Rallou Lyberi
  • Konstantinos Panoulis
PMID: 31485208 PMCID: PMC6719639. DOI: 10.5114/pm.2019.86835.

抄録

更年期障害とは、卵巣機能が徐々に低下していくことで、最終的には永久に月経が止まってしまう状態です。エストロゲンの欠乏により、更年期移行期に初期症状が出たり、閉経後に後期症状が出たりすることがあります。更年期は人生の正常な期間です。この期間中、女性は新しい生物学的、社会的、心理学的パラメータへの適応を必要とします。血管運動症状は、最も一般的な更年期症状の一つである。更年期自体は特定の精神疾患とは相関しないが、更年期女性は過去の病歴がなくてもうつ病性障害を発症する可能性が高いというデータがある。血管運動症状は、気分障害や睡眠障害、神経症、不安、認知機能の低下、ストレスと相関している。また、更年期移行期における血管運動症状の重要なメディエーターとして、性格的特徴、社会的要因、その他の要因が挙げられる。これは、更年期移行期における更年期の心身症状と血管運動性症状の相関関係に関する既存のエビデンスに基づいてレビューしたものである。医療従事者は、血管運動性症状の治療計画を立てる際に、これらの相関関係を考慮に入れるべきである。更年期の血管運動性症状は、大きな社会的コストと関連している。更年期に伴う血管運動症状の治療には、伝統的なホルモン療法のほか、市販薬やサプリメントなどの補完的・代替的な治療法が数多く存在する。その他の費用としては、医師のフォローアップ診察、検査室での検査、有害事象の管理、職場での生産性の低下などがあります。社会的支援や計画を立てることは、女性が更年期の症状に対処するのに役立ち、この移行期にかかる社会的コストを全体的に削減できる可能性がある。

Menopause is the condition in which the gradual decline in ovarian function finally leads to the permanent cessation of menstruation. Oestrogen deficiency may cause early symptoms during the menopausal transition and late symptoms after menopause. Menopause is a normal period of life. During this period, women need adaptation to new biological, social, and psychological parameters. Vasomotor symptoms are among the most common menopausal symptoms. Menopause per se is not correlated with specific psychiatric disorders, but data suggest that perimenopausal women are more likely to develop depressive disorders even without a previous history. Vasomotor symptoms are correlated with mood and sleep disturbances, neuroticism, anxiety, decreased cognitive function, and stress. Personality traits, social, and other factors are also important mediators of vasomotor symptoms during the menopausal transition phase. This is a review based on the existing evidence concerning the correlation between psychosomatic and vasomotor symptoms of menopause during the menopausal transition period. Healthcare providers should take these correlations into consideration when planning the treatment of vasomotor symptoms. Vasomotor symptoms during menopause are associated with significant social costs. There are numerous traditional hormone therapy, and complementary and alternative therapy including over-the-counter treatments and dietary supplements for managing menopause-related vasomotor symptoms. Additional costs include follow-up physician visits, laboratory testing, management of adverse events, and loss of productivity at work. Social support and planning may help women to deal with menopausal symptoms and may reduce overall social costs during this transitional phase.