会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

網膜芽細胞腫結合タンパク質4はNR2F1とヒストン脱アセチラーゼをリクルートすることでHIV-1長末端リピートを介した転写を抑制する | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Acta Biochim. Biophys. Sin. (Shanghai).2019 Sep;51(9):934-944. 5552457. doi: 10.1093/abbs/gmz082.

網膜芽細胞腫結合タンパク質4はNR2F1とヒストン脱アセチラーゼをリクルートすることでHIV-1長末端リピートを介した転写を抑制する

Retinoblastoma binding protein 4 represses HIV-1 long terminal repeat-mediated transcription by recruiting NR2F1 and histone deacetylase.

  • Juan Wang
  • Zongxing Yang
  • Linfang Cheng
  • Lingna Lu
  • Kenv Pan
  • Jin Yang
  • Nanping Wu
PMID: 31435636 DOI: 10.1093/abbs/gmz082.

抄録

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の転写は、クロマチンリモデリングと密接に関連しています。網膜芽細胞腫結合タンパク質4(RBBP4)は、クロマチンリモデリングに関与するヒストンシャペロンである。しかし、HIV-1感染におけるRBBP4の役割やそのメカニズムについては、未だ解明されていません。本研究では、RBBP4がHIV-1感染時に負の役割を果たすことを明らかにした。HIV-1感染T細胞ではRBBP4の発現が有意に増加していた。RBBP4はHIV-1長末端リピート(LTR)に結合し,核内受容体サブファミリー2グループFメンバー1(NR2F1)やヒストン脱アセチル化酵素1・2(HDAC1/2)をHIV-1 LTRにリクルートすることで,HIV-1 LTRを介した転写を抑制し,さらに局所的なヒストン3(H3)脱アセチル化やクロマチン圧縮を制御していた.さらに、RBBP4、HDAC1/2、NR2F1のLTR上での占有率は、HIV-1活性化細胞よりも有意に高かった。以上の結果から、RBBP4は新たな抗レトロウイルス因子の一つであり、将来的にはHIV治療の理論的基盤となる可能性があると考えられる。

Human immunodeficiency virus (HIV) transcription is closely associated with chromatin remodeling. Retinoblastoma binding protein 4 (RBBP4) is a histone chaperone implicated in chromatin remodeling. However, the role of RBBP4 in HIV-1 infection and the underlying mechanism remain elusive. In the present study, we showed that RBBP4 plays a negative regulatory role during HIV-1 infection. RBBP4 expression was significantly increased in HIV-1-infected T cells. RBBP4 binds to the HIV-1 long terminal repeat (LTR), represses HIV-1 LTR-mediated transcription through recruiting nuclear receptor subfamily 2 group F member 1(NR2F1) and histone deacetylase 1 and 2 (HDAC1/2) to HIV-1 LTR, and further controls local histone 3 (H3) deacetylation and chromatin compaction. Furthermore, the occupancy of RBBP4, HDAC1/2, and NR2F1 on LTR in HIV-latent J-lat cells was significantly higher than that in HIV-1-activated cells. In conclusion, our results establish RBBP4 as a new potent antiretroviral factor, which may provide theoretical basis for the treatment of HIV in the future.

© The Author(s) 2019. Published by Oxford University Press on behalf of the Institute of Biochemistry and Cell Biology, Shanghai Institutes for Biological Sciences, Chinese Academy of Sciences. All rights reserved. For permissions, please e-mail: journals.permissions@oup.com.