会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

口腔保健のための学校歯科スクリーニングプログラム。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Cochrane Database Syst Rev.2019 08;8:CD012595. doi: 10.1002/14651858.CD012595.pub3.Epub 2019-08-08.

口腔保健のための学校歯科スクリーニングプログラム。

School dental screening programmes for oral health.

  • Ankita Arora
  • Shivi Khattri
  • Noorliza Mastura Ismail
  • Sumanth Kumbargere Nagraj
  • Prashanti Eachempati
PMID: 31425627 PMCID: PMC6953367. DOI: 10.1002/14651858.CD012595.pub3.

抄録

背景:

学校歯科検診とは、学校で子どもの口腔内を目視で検査し、保護者に子どもの現在の口腔内の健康状態や治療の必要性を知ってもらうことです。学校でのスクリーニングは、症状のある疾患が現れるよりも早い段階で子どもたちを発見することで、子どもたちの予防的・治療的な口腔保健ケアを促すことを目的としている。このレビューでは、口腔保健状態の改善における学校歯科スクリーニングの有効性を評価している。2017 年 12 月に最初に発表されたオリジナルレビューの更新版である。

BACKGROUND: School dental screening refers to visual inspection of children's oral cavity in a school setting followed by making parents aware of their child's current oral health status and treatment needs. Screening at school intends to identify children at an earlier stage than symptomatic disease presentation, hence prompting preventive and therapeutic oral health care for the children. This review evaluates the effectiveness of school dental screening in improving oral health status. It is an update of the original review, which was first published in December 2017.

目的:

学校の歯科スクリーニングプログラムが口腔内の健康状態全体および歯科サービスの利用に及ぼす効果を評価すること。

OBJECTIVES: To assess the effectiveness of school dental screening programmes on overall oral health status and use of dental services.

検索方法:

Cochrane Oral Healthの情報専門家は、以下のデータベースを検索しました。Cochrane Oral HealthのTrials Register(2019年3月4日まで)、Cochrane Central Register of Controlled Trials(CENTRAL、コクラン研究登録簿)、MEDLINE Ovid(1946年から2019年3月4日まで)、Embase Ovid(2016年9月15日から2019年3月4日まで)を検索しました。進行中の試験については、米国国立衛生研究所試験登録簿(ClinicalTrials.gov)および世界保健機関(WHO)国際臨床試験登録プラットフォームを検索した。電子データベースを検索する際、言語や出版状況に制限は設けなかったが、すべての臨床試験を特定してCENTRALに追加するコクラン集中検索プロジェクトのため、Embaseの検索は過去6カ月間に制限された。

SEARCH METHODS: Cochrane Oral Health's Information Specialist searched the following databases: Cochrane Oral Health's Trials Register (to 4 March 2019), the Cochrane Central Register of Controlled Trials (CENTRAL, the Cochrane Register of Studies, to 4 March 2019), MEDLINE Ovid (1946 to 4 March 2019), and Embase Ovid (15 September 2016 to 4 March 2019). The US National Institutes of Health Trials Registry (ClinicalTrials.gov) and the World Health Organization International Clinical Trials Registry Platform were searched for ongoing trials. No restrictions were placed on language or publication status when searching the electronic databases; however, the search of Embase was restricted to the last six months due to the Cochrane Centralised Search Project to identify all clinical trials and add them to CENTRAL.

選定基準:

介入なしと比較した学校歯科スクリーニングを評価したランダム化比較試験(RCT)(クラスターまたはパラレル)、または1種類のスクリーニングを別のスクリーニングと比較したランダム化比較試験(クラスターまたはパラレル)を対象とした。

SELECTION CRITERIA: We included randomised controlled trials (RCTs) (cluster or parallel) that evaluated school dental screening compared with no intervention or with one type of screening compared with another.

データ収集と分析:

コクランで期待される標準的な方法論的手順を用いた。

DATA COLLECTION AND ANALYSIS: We used standard methodological procedures expected by Cochrane.

主な結果:

4~15歳の小児20,192人を対象とした7件の臨床試験(5件はクラスターRCT)が含まれていた。試験は3~8ヵ月の追跡期間を評価した。4件の試験は英国で実施され、2件はインド、1件は米国で実施された。いずれの試験も、学校での歯のスクリーニングの持続的効果を確認するための長期追跡調査を行っていなかった。我々は、アウトカムである「歯科出席」についてメタアナリシスを行ったが、高い不均一性を伴う結論の出ない結果が得られた。この不均一性は、研究デザイン(3つのクラスターRCTと1つの個人レベルRCT)によるものもあることが判明した。2件のクラスターRCT(いずれも4アーム試験)では、基準に基づいたスクリーニングとスクリーニングなしを評価し、RR1.07(95%CI 0.99~1.16)のプール効果推定値を示し、スクリーニングの有益性の可能性を示唆した(低確実性エビデンス)。1件の試験では、特定の(個人化された)紹介状と非特定の紹介状が比較された。1件の試験では、特定の(個人化された)紹介状と非特定の紹介状を比較したが、結果は特定の紹介状が有利であり、一般歯科医への出席率はRR 1.39(95%CI 1.09~1.77)、専門の矯正歯科医への出席率はRR 1.90(95%CI 1.18~3.06)の効果推定値が得られた(低確証性エビデンス)。1件の試験では、動機付けを補足したスクリーニングとスクリーニング単独を比較した。動機付けを補足したスクリーニングの後に歯科医への出席がより多く、RR3.08(95%CI 2.57~3.71)の効果推定値が得られた(低確証証拠)。この試験では、自己調節の常識的モデル(人々が健康に対する脅威をどのように理解し、対応するかを説明する理論的枠組み)に基づいたスクリーニング後の紹介状を、歯科情報ガイドの有無にかかわらず、標準的な紹介状と比較して評価した。結果は、結論が出なかった。バイアス、間接性、不正確性のリスクが高いため、エビデンスの確実性は非常に低いと評価した。

MAIN RESULTS: We included seven trials (five were cluster-RCTs) with 20,192 children who were 4 to 15 years of age. Trials assessed follow-up periods of three to eight months. Four trials were conducted in the UK, two were based in India and one in the USA. We assessed two trials to be at low risk of bias, two trials to be at high risk of bias and three trials to be at unclear risk of bias.None of the trials had long-term follow-up to ascertain the lasting effects of school dental screening.None of the trials reported the proportion of children with untreated caries or other oral diseases, cost effectiveness or adverse events.Four trials evaluated traditional screening versus no screening. We performed a meta-analysis for the outcome 'dental attendance' and found an inconclusive result with high heterogeneity. The heterogeneity was found to be, in part, due to study design (three cluster-RCTs and one individual-level RCT). Due to the inconsistency, we downgraded the evidence to 'very low certainty' and are unable to draw conclusions about this comparison.Two cluster-RCTs (both four-arm trials) evaluated criteria-based screening versus no screening and showed a pooled effect estimate of RR 1.07 (95% CI 0.99 to 1.16), suggesting a possible benefit for screening (low-certainty evidence). There was no evidence of a difference when criteria-based screening was compared to traditional screening (RR 1.01, 95% CI 0.94 to 1.08) (very low-certainty evidence).In one trial, a specific (personalised) referral letter was compared to a non-specific one. Results favoured the specific referral letter with an effect estimate of RR 1.39 (95% CI 1.09 to 1.77) for attendance at general dentist services and effect estimate of RR 1.90 (95% CI 1.18 to 3.06) for attendance at specialist orthodontist services (low-certainty evidence).One trial compared screening supplemented with motivation to screening alone. Dental attendance was more likely after screening supplemented with motivation, with an effect estimate of RR 3.08 (95% CI 2.57 to 3.71) (low-certainty evidence).Only one trial reported the proportion of children with treated dental caries. This trial evaluated a post screening referral letter based on the common-sense model of self-regulation (a theoretical framework that explains how people understand and respond to threats to their health), with or without a dental information guide, compared to a standard referral letter. The findings were inconclusive. Due to high risk of bias, indirectness and imprecision, we assessed the evidence as very low certainty.

著者の結論:

このレビューに含まれている試験は、スクリーニングの短期的な効果を評価したものである。伝統的な学校歯科スクリーニングが歯科出席率の改善に役割を果たすかどうかについての結論を出すには不十分であり、確証性の低いエビデンスが非常に多く見られた。基準に基づいたスクリーニングについては、スクリーニングを行わない場合に比べて出席率を改善する可能性があるという確 実性の低いエビデンスが得られた。しかし、従来のスクリーニングと比較した場合、歯の出席率に差があるという証拠はありません(非常に低い確証性の証拠)。また、スクリーニングに動機付け(口腔保健教育や無料治療の提供)を加えた場合、スクリーニングのみの場合と比較して歯科出席率が向上する可能性があるとの確証性の低いエビデンスも得られました。治療を必要とする子供については、「自己調節の常識的モデル」に基づく紹介状が標準的な紹介状よりも優れているかどうかについては、非常に確実性の低い証拠が得られましたが、決定的ではありませんでした。

AUTHORS' CONCLUSIONS: The trials included in this review evaluated short-term effects of screening. We found very low-certainty evidence that is insufficient to allow us to draw conclusions about whether there is a role for traditional school dental screening in improving dental attendance. For criteria-based screening, we found low-certainty evidence that it may improve dental attendance when compared to no screening. However, when compared to traditional screening, there is no evidence of a difference in dental attendance (very low-certainty evidence).We found low-certainty evidence to conclude that personalised or specific referral letters may improve dental attendance when compared to non-specific counterparts. We also found low-certainty evidence that screening supplemented with motivation (oral health education and offer of free treatment) may improve dental attendance in comparison to screening alone. For children requiring treatment, we found very-low certainty evidence that was inconclusive regarding whether or not a referral letter based on the 'common-sense model of self-regulation' was better than a standard referral letter.We did not find any trials addressing possible adverse effects of school dental screening or evaluating its effectiveness for improving oral health.