会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

帰化してからの時間がベルギーの移民の社会経済的地位および低出生体重に及ぼす影響。集団ベースの研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
PLoS ONE.2019;14(8):e0220856. PONE-D-19-02583. doi: 10.1371/journal.pone.0220856.Epub 2019-08-15.

帰化してからの時間がベルギーの移民の社会経済的地位および低出生体重に及ぼす影響。集団ベースの研究

Influence of time since naturalisation on socioeconomic status and low birth weight among immigrants in Belgium. A population-based study.

  • M Sow
  • C Schoenborn
  • M De Spiegelaere
  • J Racape
PMID: 31415620 PMCID: PMC6695099. DOI: 10.1371/journal.pone.0220856.

抄録

背景:

移民者の周産期の健康転帰が先天性の女性とは異なることを示す研究が増えている。それにもかかわらず、母体の移民の軌跡と社会経済的地位が周産期転帰に及ぼす複合的な影響についての詳細な検討は行われていない。我々の目的は、ベルギーにおける帰化後の時間が低出生体重児および母親の社会経済的地位に及ぼす影響を分析することであった。

BACKGROUND: Increasingly studies show that immigrants have different perinatal health outcomes compared to native-born women. Nevertheless, we lack a detailed examination of the combined effects of maternal immigrant trajectory and socioeconomic status on perinatal outcomes. Our objective was to analyze the influence of time since naturalization on low birth weight and maternal socioeconomic status in Belgium.

方法:

データは、2004-2010 年のブリュッセル出生・死亡登録、移民の軌跡の全国登録、社会保障登録の間のリンクから得たものである。我々はロジスティック回帰を用いて、社会経済的地位(SES)、平価、母体年齢を考慮に入れて、国籍グループ別に低出生体重児(LBW)と帰化後の時間との間の関連のオッズ比を推定した。

METHODS: The data came from the linkage between the Brussels birth and death registers, the national register of migrant trajectories and the social security register for the years 2004-2010. We used logistic regression to estimate the odds ratios of the associations between low birth weight (LBW) and time since naturalization, by nationality groups, taking into account socioeconomic status (SES), parity and maternal age.

結果:

データは、ベルギー人、マグレブ人、サハラ以南のアフリカ人、トルコ人女性(n = 76 312)のすべての単身出生に関するものである。その結果、すべての移民グループにおいて、帰化してからの時間に応じたLBWのU字型を示した。帰化後1年未満の女性では、帰化後1年未満でLBWが減少し、その後有意に増加した(p<0.0001)。これと並行して、すべての移民グループでSESの増加が観察された。ベルギー人と比較して、マグレブ出身の女性ではLBWのリスクが低く(p<0.0001)、この保護は帰化後10年経過しても維持されていることがわかりました。一方、サハラ以南のアフリカ人とトルコ人の母親のLBWのリスクは、帰化1年後のベルギー人よりも低いが、帰化10年後のベルギー人と同程度であった。

RESULTS: Data relate to all singleton births to Belgian, Maghrebi, Sub-Saharan African and Turkish women (n = 76 312). The results show an U-shaped of LBW according to time since naturalization for all migrant groups. LBW declines for women naturalized since less than one year and increases significantly thereafter (p<0.0001). In parallel, we observe an increase of SES among all migrant groups. Compared to Belgians, we found a lower risk of LBW among women from Maghreb (p<0.0001) and this protection is maintained even after 10 years since naturalization. In contrast, the risk of LBW for Sub-Saharan African and Turkish mothers is lower than for Belgians after one year of naturalization but similar to that of Belgians after 10 years of naturalization.

結論:

その結果、マグレブ、サハラ以南のアフリカ、トルコの女性では、帰化してから時間が経つにつれ、SESが向上しているにもかかわらず、LBWが増加していることが示された。マグレブ出身の母親はベルギー人に比べてLBWの発生率が低く、ベルギー国籍を取得してから10年以上経過しても保護を維持している。移民の移動経路、SES、移民の周産期の健康との関連性をよりよく理解するためには、追加の研究を実施する必要がある。

CONCLUSION: Our results show that, despite an improvement of their SES, LBW increases among Maghrebi, Sub-Saharan African and Turkish women with time since naturalization. Mothers from Maghreb have lower rates of LBW compared to Belgians and maintain their protection even after more than 10 years of having acquired the Belgian nationality. Additional studies need to be carried out in order to gain a better understanding of the association between migration trajectories, SES and perinatal health of immigrants.