会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

Hsa-miR-139-5pは、HNRNPF媒介の代替スプライシングに関与する甲状腺癌の予後マーカーである | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int. J. Cancer.2020 01;146(2):521-530. doi: 10.1002/ijc.32622.Epub 2019-08-28.

Hsa-miR-139-5pは、HNRNPF媒介の代替スプライシングに関与する甲状腺癌の予後マーカーである

Hsa-miR-139-5p is a prognostic thyroid cancer marker involved in HNRNPF-mediated alternative splicing.

  • Cristina Montero-Conde
  • Osvaldo Graña-Castro
  • Guillermo Martín-Serrano
  • Ángel M Martínez-Montes
  • Eduardo Zarzuela
  • Javier Muñoz
  • Rafael Torres-Perez
  • Guillermo Pita
  • Alfonso Cordero-Barreal
  • Luis J Leandro-García
  • Rocío Letón
  • Isabel López de Silanes
  • Sonsoles Guadalix
  • Andrés Pérez-Barrios
  • Federico Hawkins
  • Almudena Guerrero-Álvarez
  • Cristina Álvarez-Escolá
  • Rita M Regojo-Zapata
  • Bruna Calsina
  • Laura Remacha
  • Juan M Roldán-Romero
  • María Santos
  • Javier Lanillos
  • Mireia Jordá
  • Garcilaso Riesco-Eizaguirre
  • Carles Zafon
  • Anna González-Neira
  • Maria A Blasco
  • Fátima Al-Shahrour
  • Cristina Rodríguez-Antona
  • Alberto Cascón
  • Mercedes Robledo
PMID: 31403184 DOI: 10.1002/ijc.32622.

抄録

疾患の進行を予測し、個別化された患者管理を促進するためには、進行性甲状腺癌に関連するバイオマーカーと機能ネットワークを同定することが重要である。我々は、進行性疾患患者に富む46例の甲状腺腫瘍を対象にmiRNomeシークエンシングを行い、追跡期間中央値は96ヵ月であった。miRNomeプロファイルは、間質細胞浸潤や腫瘍ドライバー変異などの腫瘍特異的な病理組織学的および分子的特徴と相関していた。差動発現解析により、無病患者と比較して、再発・転移患者の原発がんにおいて一貫したhsa-miR-139-5pのダウンネクストが認められ、局所転移のペアで持続し、公開されている甲状腺がんシリーズで検証された。hsa-miR-139-5pの外因性発現は、未分化甲状腺癌細胞の遊走と増殖を有意に減少させた。プロテオミクス解析の結果、RICTOR、SMAD2/3、HNRNPFがhsa-miR-139-5pの標的として同定された。HNRNPF mRNAの豊富さは、暗号的エクソンの排除/排除に関与する代替スプライシング因子をコードしており、ヒト腫瘍におけるhsa-miR-139-5pの発現とは逆相関していた。RNAシーケンス解析の結果、我々の細胞系ではHNRNPFの抑制に伴い174のスプライシングイベントが異なる形で制御されており、RTK/RAS/MAPKやPI3K/AKT/MTORなどのシグナル伝達カスケードに関与する遺伝子に影響を与えていることが明らかになった。これらの結果は、HSA-miR-139-5p/HNRNPF軸が、主要な甲状腺癌シグナル伝達経路や腫瘍の悪性度の調節に関連する新規な制御機構であることを示唆している。

It is critical to identify biomarkers and functional networks associated with aggressive thyroid cancer to anticipate disease progression and facilitate personalized patient management. We performed miRNome sequencing of 46 thyroid tumors enriched with advanced disease patients with a median follow-up of 96 months. MiRNome profiles correlated with tumor-specific histopathological and molecular features, such as stromal cell infiltration and tumor driver mutation. Differential expression analysis revealed a consistent hsa-miR-139-5p downexpression in primary carcinomas from patients with recurrent/metastatic disease compared to disease-free patients, sustained in paired local metastases and validated in publicly available thyroid cancer series. Exogenous expression of hsa-miR-139-5p significantly reduced migration and proliferation of anaplastic thyroid cancer cells. Proteomic analysis indicated RICTOR, SMAD2/3 and HNRNPF as putative hsa-miR-139-5p targets in our cell system. Abundance of HNRNPF mRNA, encoding an alternative splicing factor involved in cryptic exon inclusion/exclusion, inversely correlated with hsa-miR-139-5p expression in human tumors. RNA sequencing analysis revealed 174 splicing events differentially regulated upon HNRNPF repression in our cell system, affecting genes involved in RTK/RAS/MAPK and PI3K/AKT/MTOR signaling cascades among others. These results point at the hsa-miR-139-5p/HNRNPF axis as a novel regulatory mechanism associated with the modulation of major thyroid cancer signaling pathways and tumor virulence.

© 2019 UICC.