国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

エッチリンス接合戦略に先立つジンクオキサイドオイゲノールセメント使用の理解について. | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Indian J Dent Res.2019 May-Jun;30(3):424-427. IndianJDentRes_2019_30_3_424_264114. doi: 10.4103/ijdr.IJDR_302_16.

エッチリンス接合戦略に先立つジンクオキサイドオイゲノールセメント使用の理解について.

On the understanding of zinc-oxide eugenol cement use prior to etch-rinse bonding strategies.

  • Catarina Pires Bezerra
  • Cristiano Fukugawa Campos
  • Julio Leite
  • Marina Struncová Fernandes
  • Cintia Helena Coury Saraceni
  • Flávia Pires Rodrigues
  • Maristela Dutra-Correa
PMID: 31397420 DOI: 10.4103/ijdr.IJDR_302_16.

抄録

内容:

酸化亜鉛オイゲノール(Zinc-oxide eugenol: ZOE)は、十分な生物学的応答性、パルプに対する鎮静効果、除去の容易さなどの理由から、頻繁に使用されている。しかし、一時的なセメント含有オイゲノールの結合強度特性への影響については、文献では非常に議論のあるところである。

Context: Zinc-oxide eugenol (ZOE) is frequently used due to its satisfactory biological response, sedative effect on the pulp, and easy removal. However, literature is very controversial about the influence of the temporary cement-containing eugenol on the bond strength properties.

目的:

本研究では、ボンディング処置前に適用したZOEまたはZOEフリーのボンディング強度と初回処置後の7日間の休息期間を評価することで、文献上の論争を明らかにすることを目的としています。

Aims: This study aims to clarify the literature controversy by evaluating the bond strength of ZOE or ZOE-free applied before bonding procedures and the 7-day resting period after the first session.

設定とデザイン:

最近抜歯した第三大臼歯12本を無作為に3群に分けた。グループ1:コントロール(治療なし)、グループ2:テンプボンドNE、グループ3:テンプボンド。

Settings and Designs: Twelve recently extracted third molars were randomly divided into three groups: Group 1: Control (without treatment), Group 2: Temp-Bond NE; Group 3: Temp-Bond.

被験者と方法:

仮修復後の歯を蒸留水に浸漬し、37℃で7日間保存した。一時的なセメントを機械的に除去し、予防処置を行った。接着処置を行い,高さ6mmのコンポジットレジンブロックを作製した.歯を直ちに37℃の相対湿度100%で24時間保存した。断面積0.7(±0.2)mmの試験片を得て,1mm/minで微小引張接着強さ(μTBS)試験を行い,破断まで行った.

Subjects and Methods: After temporary restorations, the teeth were immersed in distilled water and stored for 7 days at 37°C. The temporary cement was mechanically removed, and prophylaxis was performed. The adhesive procedures were performed, and a 6-mm-high composite resin block was built. The teeth were immediately stored at 100% relative humidity at 37°C for 24 hours. Specimens with 0.7 (±0.2) mm of cross-sectional area were obtained and subjected to a microtensile bond strength (μTBS) test at 1 mm/min until failure.

使用した統計解析:

統計解析には、分散分析(ANOVA)とTukeyのポストホック検定を用いた。

Statistical Analysis Used: Analysis of variance (ANOVA) and Tukey's post hoc test were used for statistical analysis.

結果:

ANOVAおよびTukeyのポストホック検定(P<0.05)により、初回セッション後の7日間の休息期間を考慮して、2段階エッチングリンス接着材と併用した場合、ZOEまたはZOEフリーセメントは、レジンコンポジットと象牙質との間のμTBSに干渉しなかった。

Results: ZOE or ZOE-free cement did not interfere in the μTBS between resin composite and dentine when used with a two-step-etch-rinse adhesive material, considering 7 days of resting period after the first session, by the ANOVA and Tukey's post hoc test (P < 0.05).

結論:

著者らは、初診から少なくとも7日後に一時的なセメントの除去を推奨し、より長い期間での除去が推奨された場合には、臨床家がさらなる研究をフォローアップしてセメントを使用することを提案している。

Conclusions: The authors recommend the removal of the temporary cementation at least seven days after the first session and suggest that the clinicians follow-up further studies to use the cement in case its removal is recommended within a longer period.