国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

局所進行性子宮頸がんに対する確定的化学放射線療法による骨盤側壁再発-骨盤側壁線量の臨床的影響 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Br J Radiol.2019 Dec;92(1104):20180841. doi: 10.1259/bjr.20180841.Epub 2019-07-25.

局所進行性子宮頸がんに対する確定的化学放射線療法による骨盤側壁再発-骨盤側壁線量の臨床的影響

Pelvic side wall recurrence in locally advanced cervical carcinoma treated with definitive chemoradiation-clinical impact of pelvic wall dose.

  • Aparna Gangopadhyay
  • Subrata Saha
PMID: 31322915 PMCID: PMC6913350. DOI: 10.1259/bjr.20180841.

抄録

目的:

局所進行子宮頸癌に対する骨盤側壁の線量については、確定的化学放射線治療を受けた場合の検討が行われてきたが、本研究では骨盤側壁の線量と再発の関係を検討した。本研究では、骨盤側壁の線量と再発の関係を検討した。また、再発を有意に減少させる最小線量を同定することを試みた。

OBJECTIVE: Pelvic side wall dose in locally advanced cervical carcinoma treated with definitive chemoradiation has been debated. The present study investigated relationship of disease recurrence with dose for the pelvic side wall. It also attempted to identify minimal dose that significantly reduced recurrence.

方法:

中央値24ヵ月後の骨盤側壁の再発を、パラメトリックブーストなし、外部ビームまたは間質性ブーストを用いた可変骨盤壁線量の投与を受けた3群の患者を対象に、臨床的および放射線学的に評価した。

METHODS: Pelvic side wall recurrence at median 24 months was assessed clinically and radiologically across three groups of patients receiving variable pelvic wall doses using no parametrial boost, external beam or interstitial boost, or dose escalated combined external beam with interstitial boost.

結果:

24ヶ月の時点では、3/155のブースト40/130の無ブースト患者に再発が認められた。( < 0.0001).受信機操作特性曲線解析により、カットオフ骨盤壁線量は58.9Gyであった(<0.0001)。投与量を増量した複合ブーストは、単一モダリティのパラメトリックブーストと比較して有意な有益性を示さなかった(= 0.0.0.553)。

RESULTS: At 24 months, recurrence occurred in 3/155 boost 40/130 no boost patients. ( < 0.0001). Receiver operating characteristic curve analysis demonstrated cut-off pelvic wall dose to be 58.9 Gy ( < 0.0001). Dose escalated combined boost showed no significant benefit compared to single modality parametrial boost ( = 0. 0.553).

結論:

平均骨盤壁線量が少なくとも58.9Gyであれば、骨盤壁のコントロールに臨床的に有意な効果がある。ガイドラインで推奨されている用量は、患者の最善の利益のために遵守すべきである。

CONCLUSION: Mean pelvic wall dose of at least 58.9 Gy offers clinically significant benefit in pelvic wall control. Doses recommended by guidelines should be adhered to in the patients' best interests.

知識の進歩:

この予備的研究では、再発率と骨盤側壁への線量との関係を明らかにするとともに、局所進行子宮頸癌において骨盤側壁のコントロールを有意に改善するカットオフ線量を決定した。

ADVANCES IN KNOWLEDGE: This preliminary study determined a relationship between recurrence rates and dose to the pelvic side wall and also a cut-off dose that significantly improved pelvic wall control in locally advanced cervical cancer.