国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

デノボ・イノベーションが可能にしたサメの寄生とフジツボ Anelasma squalicolaの世界的な拡大 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Curr. Biol..2019 06;29(12):R562-R563. S0960-9822(19)30482-8. doi: 10.1016/j.cub.2019.04.053.

デノボ・イノベーションが可能にしたサメの寄生とフジツボ Anelasma squalicolaの世界的な拡大

De novo innovation allows shark parasitism and global expansion of the barnacle Anelasma squalicola.

  • David J Rees
  • Christoph Noever
  • Brit Finucci
  • Kareen Schnabel
  • Robin E Leslie
  • Jim Drewery
  • Helge Olsen Theil Bergum
  • Adele Dutilloy
  • Henrik Glenner
PMID: 31211971 DOI: 10.1016/j.cub.2019.04.053.

抄録

フジツボ Anelasma squalicola は、種が豊富で深海のランタンシャーク科エトモプテプテラ科(図 1A)に生息する海洋性のフジツボであるが、他のエピビオティックなフジツボとは異なり、他のフジツボとは異なる [1]。多くのフジツボはカメやクジラを含む様々な海洋動物と関連しているが、アネラズマを除いて、これらの種はすべてろ過食性の生活様式を保持しており、宿主との共生関係を持っている。アネラズマは完全にサーリ(胸部付属物)を装備しているが、これらはもはやフィルター給餌のために使用されていない[1]。その代わりに、アネラズマは根のような構造を持つ茎をサメの肉に埋め込んでおり(この論文でオンライン公開されている補足情報の図S1C)、それを使って宿主に寄生している。ここでは、世界中から採取されたアネラズマの標本にはほとんど遺伝的な差異が見られないことを示しており、この技術革新が世界的な急速な拡大と重なったことを示唆している。

The barnacle Anelasma squalicola is a marine epibiont found on members of the species-rich, deep-sea lantern shark family Etmopteridae (Figure 1A) but is unlike any other epibiotic thoracian barnacles [1]. While many barnacle species are associated with various marine animals including turtles and whales, with the exception of Anelasma these all retain a filter-feeding lifestyle and have a commensal relationship with their host; despite often being deeply embedded in the dermis, no other species has been reported as feeding on its host. Although Anelasma is fully equipped with cirri (thoracic appendages), these are no longer used for filter feeding [1]. Instead, Anelasma embeds a stalk with root-like structures into the flesh of the shark (Figure S1C in Supplemental Information, published with this article online) that it uses to parasitize its host. Here, we show that specimens of Anelasma sampled from all over the world show very little genetic differentiation, suggesting that this innovation coincided with a rapid worldwide expansion.

Copyright © 2019. Published by Elsevier Ltd.