国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

顎の嚢胞性病変に関連した歯の管理に関する論争 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Chin J Dent Res.2019;22(2):81-92.

顎の嚢胞性病変に関連した歯の管理に関する論争

Controversies Regarding the Management of Teeth Associated with Cystic Lesions of the Jaws.

PMID: 31172136

抄録

顎の嚢胞性病変が継続的に成長すると、骨の膨張、顔面変形、埋伏歯、咬合障害、発生歯や隣接歯の転位や緩みを引き起こす可能性があります。顎の嚢胞性病変に関連した歯の管理については、広く議論されている。歯髄のある立位の歯が嚢胞性病変と関連している場合、特に歯根が嚢胞腔内に突出している場合、歯の保存をサポートするために様々な治療法が推奨されてきた。しかし、歯原性角化嚢胞(OKC)に歯根が侵されている場合、患部の抜歯についてのコンセンサスは得られていない。また、嚢胞性病変を伴う立位歯の場合、根管治療を抜歯の前に行うべき必要な治療と考えるべきか、それとも抜歯の後に行うべき治療と考えるべきかについては、議論がある。発育嚢胞の空洞に封入された埋伏歯は、患者の年齢、歯根の発育状況、顎内での歯の角度や深さに応じて、有髄化や減圧、あるいは抜歯や冠動脈切除を併用した核出術など、さまざまなアプローチで治療される。自家移植や歯内療法による再生治療後の歯髄再灌流で得られた成功例が報告されているが、嚢胞核出術やアピセトミー後の歯髄組織の機能性は重大な関心事である。この記事では、顎の嚢胞性病変に関連する歯の管理の概要を紹介する。

The continual growth of cystic lesions of the jaws can cause bone expansion, facial deformity, impacted teeth, occlusal disorder and displacement and loosening of the originating tooth or adjacent teeth. The management of teeth associated with cystic lesions of the jaws has been widely debated. When standing teeth with vital pulp are associated with cystic lesions, especially when tooth roots protrude into the cyst cavity, different treatment options have been recommended to support tooth preservation. However, there is no consensus about the extraction of the affected tooth in cases of root involvement by odontogenic keratocyst (OKC). In addition, there is controversy around whether root canal therapy should be considered a necessary treatment to be carried out prior to or after enucleation when standing teeth are associated with cystic lesions. An impacted tooth enclosed in the cavity of a developmental cyst may be treated by various approaches such as marsupialisation or decompression, or enucleation in combination with extraction or coronectomy, depending on the patient's age, root development and the angle and depth of the tooth in the jaw. Successful results obtained in pulp revascularisation after autotransplantation or endodontic regeneration treatments have been reported and pulp tissue functionality after cyst enucleation or apicetomy is a serious concern. In this article, we present an overview of the management of teeth associated with cystic lesions of the jaws.