国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

硫酸カルシウム誘発大豆蛋白質単離ゲルのゲル特性および相互作用に及ぼすSmilax china L.でんぷんの効果 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int. J. Biol. Macromol..2019 Aug;135:127-132. S0141-8130(19)30166-7. doi: 10.1016/j.ijbiomac.2019.05.130.Epub 2019-05-21.

硫酸カルシウム誘発大豆蛋白質単離ゲルのゲル特性および相互作用に及ぼすSmilax china L.でんぷんの効果

Effect of Smilax china L. starch on the gel properties and interactions of calcium sulfate-induced soy protein isolate gel.

  • Lulu Chu
  • Licong Yang
  • Jingen Li
  • Lezhen Lin
  • Guodong Zheng
PMID: 31125649 DOI: 10.1016/j.ijbiomac.2019.05.130.

抄録

ハイドロコロイドは、食品の粘度、食感、安定性を向上させるために、ゲル化剤、安定化剤、食品増粘剤として食品業界で広く利用されている。通常、個々の多糖類またはタンパク質は、優れた固体ゲルを形成しない。そのため、複合ゲルが注目されている。本研究では、CaSO誘導大豆蛋白質単離物(SPI)ゲルのゲル特性と相互作用に及ぼすSmilax china L. starch(SCS)の影響を検討した。SCS-SPIゲルシステムのゲル特性は、動的レオロジー,ゲル強度,保水力により解析した。また、SCS-SPIゲルシステムの相互作用と微細構造をタンパク質溶解度と走査型電子顕微鏡で評価した。最後に、SCS-SPIゲルシステムのゲル化機構を明らかにした。その結果、粘度、弾性、ゲル強度、保水力が明らかに増加し、SCS濃度の増加に伴い、ゲルシステムの微細構造がよりコンパクトになることが明らかになった。さらに、タンパク質の溶解度を測定した結果、疎水性、水素結合、ジスルフィド結合の相互作用がゲル系の維持に重要な役割を果たしていることが明らかになった。

Hydrocolloids have been widely used in the food industry as gelling agents, stabilizers and food thickeners to improve the viscosity, texture and stability of foods. Normally, individual polysaccharides or proteins do not form an excellent solid gel. Therefore, composite gels have received extensive attention. In this study, the effects of Smilax china L. starch (SCS) on the gel properties and interactions of CaSO-induced soy protein isolate (SPI) gel was investigated. The gel properties of SCS-SPI gel system were analyzed by dynamic rheological, gel strength and water holding capacity. Synchronously, the interaction and microstructure of SCS-SPI gel system were evaluated by protein solubility and scanning electron microscope. Finally, the gel mechanism of the gel system was established. Viscosity, elasticity, gel strength and water holding capacity were obviously increased and microstructure become more compact of gel system and with the concentration increased of SCS. Furthermore, the result of protein solubility showed that hydrophobic, hydrogen bond and disulfide bond interaction play an important role on maintaining the gel system.

Copyright © 2019. Published by Elsevier B.V.