会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

3ヶ月間のストレプトゾトシン誘発糖尿病マウスの血小板反応性、COX-1発現および接着能に及ぼす影響 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int J Exp Pathol.2019 02;100(1):41-48. doi: 10.1111/iep.12298.Epub 2019-02-27.

3ヶ月間のストレプトゾトシン誘発糖尿病マウスの血小板反応性、COX-1発現および接着能に及ぼす影響

Effects of three-month streptozotocin-induced diabetes in mice on blood platelet reactivity, COX-1 expression and adhesion potential.

  • Tomasz Przygodzki
  • Hassan Kassassir
  • Marcin Talar
  • Karolina Siewiera
  • Cezary Watala
PMID: 30811756 PMCID: PMC6463392. DOI: 10.1111/iep.12298.

抄録

糖尿病は心血管疾患のリスクの増加と関連している。これは、この疾患における血小板の活性化状態の変化に部分的に起因している。以前に、COX-1 およびプロテアーゼ活性化受容体 (PAR)-3 受容体の発現の変化が糖尿病の 2 つの動物モデルの血小板で示されていますが、ストレプトゾトシン (STZ) 長期誘発糖尿病マウスでこれらのタンパク質の発現に対処する研究はありませんでした。我々はまた、フロー条件下での血小板接着に対する糖尿病の影響についても取り組んできた。フローサイトメトリーを用いて、STZ誘発糖尿病マウスにおいて、血小板基底活性化の特定のマーカー、例えば活性型のαβやCD40Lが増加していることを示した。また、STZ誘発糖尿病マウスの血小板は、PAR-4活性化ペプチドで刺激を受けると、αβの活性型、vWillebrand Factorの膜結合型、および外因性フルオレセインイソシアネート標識フィブリノーゲンの結合型が増加することで明らかになったように、より反応性が高いことが示された。STZ誘発糖尿病マウスの血小板におけるCOX-1の発現とトロンボキサンAの産生は対照動物よりも高かった。血小板がフィブリノーゲンと安定した接着を形成する能力に糖尿病の影響は見られなかった。糖尿病モデル動物における血小板の活性化パターンには一定の類似性が存在するが、その違いも考慮に入れるべきであると結論付けた。

Diabetes is associated with an increased risk of cardiovascular disease. This is partially attributed to an altered activation status of blood platelets in this disease. Previously, alterations have been shown in COX-1 and protease activated receptor (PAR)-3 receptor expression in platelets in two animal models of diabetes, there have not been studies which address expression of these proteins in mice with long-term streptozotocin (STZ)-induced diabetes. We have also addressed the effect of diabetes on platelet adhesion under flow conditions. With the use of flow cytometry, we have shown that certain markers of platelet basal activation, such as active form of α β and of CD40L were increased in STZ-induced diabetic mice. Platelets from STZ-induced diabetic mice were also more reactive when stimulated with PAR-4 activating peptide as revealed by higher expression of active form of α β , membrane-bound on vWillebrand Factor and binding of exogenous fluorescein isothyanate-labelled fibrinogen. Expression of COX-1 and production of thromboxane A in platelets of STZ-induced diabetic mice were higher than in control animals. We observed no effect of diabetes on ability of platelets to form stable adhesions with fibrinogen in flow conditions. We conclude that although certain similarities exist between patterns of activation of platelets in animal models of diabetes, the differences should also be taken into account.

© 2019 The Authors. International Journal of Experimental Pathology © 2019 International Journal of Experimental Pathology.