国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

経口投与されたシタロプラムは小腸粘膜成長を刺激する | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Surg. Res..2019 04;236:326-331. S0022-4804(18)30824-2. doi: 10.1016/j.jss.2018.11.033.Epub 2019-01-03.

経口投与されたシタロプラムは小腸粘膜成長を刺激する

Orally Dosed Citalopram Stimulates Small Intestinal Mucosal Growth.

  • Lucy Zhang
  • Chasen J Greig
  • Robert A Cowles
PMID: 30694773 DOI: 10.1016/j.jss.2018.11.033.

抄録

背景:

シタロプラムなどの選択的セロトニン再取り込み阻害薬を非経口投与すると、治療7日目までに腸管粘膜吸収面が増加する。我々は、シタロプラムを経腸投与することでも腸管粘膜増殖が誘導され、経口剤での治療が可能になるのではないかと仮説を立てた。

BACKGROUND: Parenterally administered selective serotonin reuptake inhibitors, such as citalopram, increase intestinal mucosal absorptive surface by day 7 of treatment. We hypothesized that enteral citalopram would also induce intestinal mucosal growth, thus allowing for therapy with an oral agent.

材料と方法:

C57BL/6マウスには馴化期間後、10、50、100mg/kg/dシタロプラムを含むピーナッツバターペレットを7日間(n=5)、または25mg/kg/dシタロプラムを含むピーナッツバターペレットを14日間(n=3)または21日間(n=5)、またはプレーンピーナッツバターペレットを7日間(n=2)、14日間(n=2)、または21日間(n=3)与え、2cmの回腸を採取し、顕微鏡で回腸高さ(VH)、回腸深さ(VH)、回腸幅(VW)、回腸幅を評価した。2cmの回腸セグメントを採取し、絨毛の高さ(VH)、クリプトの深さ、絨毛の幅(VW)、およびクリプトの幅を顕微鏡で評価するために調製した。粘膜表面積(MSA)を算出し、Student's t-検定を用いてデータを比較した。

MATERIALS AND METHODS: Following a habituation period, C57BL/6 mice received peanut butter pellets containing 10, 50, or 100 mg/kg/d citalopram for 7 d (n = 5); or 25 mg/kg/d citalopram for 14 (n = 3) or 21 (n = 5) d; or plain peanut butter pellets for 7 (n = 2), 14 (n = 2), or 21 d (n = 3). Two-centimeter ileal segments were harvested and prepared for microscopic assessment of villus height (VH), crypt depth, villus width (VW), and crypt width. Mucosal surface area (MSA) was calculated and data were compared using Student's t-test.

結果:

シタロプラムの経腸投与は、7d後のVH、VW、クリプト深さにはほとんど影響を与えず、クリプト幅は有意に減少した(P値範囲0.0002~<0.0001)が、MSAの増加に寄与していると考えられた(P値範囲0.0578~0.0006)。シタロプラムは14d投与後、VH(P<0.0001)、VW(P=0.0058)、1mmあたりの回腸MSA(P=0.0007)を有意に増加させた。MSAの増加は21dで持続した(P<0.0001)。

RESULTS: Enteral administration of citalopram had virtually no effect on VH, VW, or crypt depth after 7 d; crypt width decreased significantly (P value range 0.0002 to <0.0001), likely contributing to the increases in MSA (P value range 0.0578 to 0.0006). After 14 d of treatment, citalopram significantly increased VH (P < 0.0001), VW (P = 0.0058), and ileal MSA per mm (P = 0.0007). The increase in MSA was sustained at 21 d (P < 0.0001).

結論:

シタロプラムを14日間経口投与した結果、VHと回腸MSAが増加し、21日目までに増加したままである。選択的セロトニン再取り込み阻害薬は、短腸症候群などの重篤な腸障害に対する経口治療としての可能性を示している。

CONCLUSIONS: Enteral citalopram given for 14 d results in increased VH and ileal MSA, which remains increased by day 21. Selective serotonin reuptake inhibitors show potential as oral therapy for serious intestinal disorders such as short bowel syndrome.

Copyright © 2018 Elsevier Inc. All rights reserved.