国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

血液透析を受けている患者における線維芽細胞増殖因子23遺伝子型と心血管疾患 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Am. J. Nephrol..2019;49(2):125-132. 000496060. doi: 10.1159/000496060.Epub 2019-01-22.

血液透析を受けている患者における線維芽細胞増殖因子23遺伝子型と心血管疾患

Fibroblast Growth Factor 23 Genotype and Cardiovascular Disease in Patients Undergoing Hemodialysis.

  • Tae-Hwi Schwantes-An
  • Sai Liu
  • Margaret Stedman
  • Brian S Decker
  • Leah Wetherill
  • Howard J Edenberg
  • Matteo Vatta
  • Tatiana M Foroud
  • Glenn M Chertow
  • Sharon M Moe
PMID: 30669147 PMCID: PMC6473180. DOI: 10.1159/000496060.

抄録

背景:

線維芽細胞増殖因子 23(FGF23)の血清中濃度の上昇は、慢性腎臓病患者および透析を受けている患者の心血管死亡率と関連している。

BACKGROUND: Elevated serum concentrations of fibroblast growth factor 23 (FGF23) are associated with cardiovascular mortality in patients with chronic kidney disease and those undergoing dialysis.

目的:

我々は、FGF23、その共受容体であるα-klotho(KL)、および/またはFGF23受容体(FGFR)の多型が心血管イベントおよび/または死亡率と関連しているという仮説を検証した。

OBJECTIVES: We tested the hypotheses that polymorphisms in FGF23, its co-receptor alpha-klotho (KL), and/or FGF23 receptors (FGFR) are associated with cardiovascular events and/or mortality.

方法:

二次性副甲状腺機能亢進症の治療のためにカルシミメティックシナカルセットとプラセボに無作為に割り付けられた患者を対象とした「Evaluation of Cinacalcalcet HCl Therapy to Lower Cardiovascular Events Trial」からベースライン時に採取した 1,494 個の DNA サンプルを使用した。ヨーロッパ系とアフリカ系のサンプルを別々に解析した後,要約統計量を組み合わせてメタ解析を行った.我々は、関心のある転帰として判定されたエンドポイント(全原因死亡率および心血管死亡率、心臓突然死、心不全[HF])を用いた比例ハザード(Cox)回帰モデルにおいて、FGF23、KL、FGFR4の一塩基多型(SNP)を関心のある主要なエクスポージャーとして評価した。

METHODS: We used 1,494 DNA samples collected at baseline from the Evaluation of Cinacalcet HCl Therapy to Lower Cardiovascular Events Trial, in which patients were randomized to the calcimimetic cinacalcet or placebo for the treatment of secondary hyperparathyroidism. We analyzed European and African Ancestry samples separately and then combined summary statistics to perform a meta-analysis. We evaluated single-nucleotide polymorphisms (SNPs) in FGF23, KL, and FGFR4 as the key exposures of interest in proportional hazards (Cox) regression models using adjudicated endpoints (all-cause and cardiovascular mortality, sudden cardiac death, and heart failure [HF]) as the outcomes of interest.

結果:

FGF23のrs11063112は心血管死亡率(リスク対立遺伝子=A、ハザード比[HR]1.32、メタp値=0.004)およびHF(HR 1.40、メタp値=0.007)と関連していた。FGF23 rs13312789とFGFR4またはKL遺伝子のSNPと関心のある転帰との間には、統計的に有意な関連は観察されなかった。

RESULTS: rs11063112 in FGF23 was associated with cardiovascular mortality (risk allele = A, hazard ratio [HR] 1.32, meta-p value = 0.004) and HF (HR 1.40, meta-p value = 0.007). No statistically significant associations were observed between FGF23 rs13312789 and SNPs in FGFR4 or KL genes and the outcomes of interest.

結論:

rs11063112は、中等度から重度の二次性副甲状腺機能亢進症で透析を受けている患者において、HFおよび心血管死亡率と関連していた。

CONCLUSIONS: rs11063112 was associated with HF and cardiovascular mortality in patients receiving dialysis with moderate to severe secondary hyperparathyroidism.

© 2019 S. Karger AG, Basel.