国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

表皮のバリア機能に対するストレスの影響:エビデンスに基づくレビュー | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Br J Dermatol.2019 12;181(6):1129-1137.

表皮のバリア機能に対するストレスの影響:エビデンスに基づくレビュー

The impact of stress on epidermal barrier function: an evidence-based review.

PMID: 30614527

抄録

背景:

表皮バリアは、刺激物や免疫物質の侵入を抑制することで、皮膚の感染や炎症を抑える機能を持っている。しかし、人混みや孤独感、ニコチン中毒、不眠症、暗算作業、身体的苦痛、受験や夫婦間のストレス、性格の不一致などによる心理的ストレスは、急性および慢性の表皮機能障害を引き起こす可能性があることが、多くの証拠によって示されている。

BACKGROUND: The epidermal barrier functions to limit skin infection and inflammation by inhibiting irritant and immunogen invasion. Abundant evidence suggests that psychological stress stemming from crowding, isolation, nicotine smoking, insomnia, mental arithmetic tasks, physical pain, real-life stressors (examinations and marital strain) and lack of positive personality traits may impart both acute and chronic epidermal dysfunction.

目的:

ストレスと表皮バリア機能障害との関係を検討する。

OBJECTIVES: To review the relationship between stress and epidermal barrier dysfunction.

研究方法:

PubMedおよびEmbaseデータベースを用いて、ストレスが表皮バリア機能に及ぼす影響を報告したすべての英語の症例対照試験、クロスセクション試験、無作為化対照試験を検索した。著者の結論は,除外基準と包含基準を満たした21件の研究から得られた利用可能なエビデンスに基づいている。

METHODS: A review of the PubMed and Embase databases was conducted to identify all English-language case-control, cross-sectional and randomized control trials that have reported the effect of stress on epidermal barrier function. The authors' conclusions are based on the available evidence from 21 studies that met the inclusion and exclusion criteria.

結果:

心理的なストレス要因は、視床下部-下垂体-副腎軸を亢進させ、局所的および全身的なストレスホルモンの産生を刺激する。これは最終的に、表皮の脂質と構造タンパク質の生産量の減少、角質層の水和の減少、経表皮水分損失の増加を特徴とする、異常なバリア機能障害につながる。

RESULTS: Psychological stressors upregulate the hypothalamic-pituitary-adrenal axis to stimulate local and systemic stress hormone production. This ultimately leads to aberrant barrier dysfunction, characterized by decreased epidermal lipid and structural protein production, decreased stratum corneum hydration and increased transepidermal water loss.

おわりに:

このエビデンスに基づくレビューでは、心理的ストレスが表皮のバリア機能に及ぼす悪影響について検討している。今後は、より現実的なストレス要因を用いて、皮膚の生理機能への影響をさらに解明し、特にリスクの高い集団において表皮バリア機能の低下を最小限に抑え、回復させる実用的なストレス緩和療法を特定する必要がある。このテーマについてすでに知られていることは?文献によると、ストレスが長期にわたる創傷治癒に悪影響を及ぼすことが報告されています。しかし、ストレスと表皮バリア機能障害(表皮の上層部を含む慢性的な表在性創傷)との関係についてはあまり知られていない。この研究は何を追加するのでしょうか?心理的ストレッサーは、視床下部-下垂体-副腎軸を活性化し、局所的および全身的なストレスホルモンの産生を刺激することにより、表皮バリア機能に影響を与える。ストレスホルモンは、表皮の脂質や構造タンパク質を減少させ、角質層の水和を低下させ、経表皮水分損失を増加させることで、表皮バリアに悪影響を与える。このようなストレス要因を特定することは、表皮バリア機能を保護し、ある種の皮膚疾患を予防するために、ストレス回避やストレス軽減の行動を促進することができる。

CONCLUSIONS: This evidence-based review explores the adverse effects of psychological stressors on epidermal barrier function. Future investigations using more real-life stressors are needed to elucidate further their impact on skin physiology and identify practical stress-relieving therapies that minimize and restore epidermal barrier dysfunction, particularly in at-risk populations. What's already known about this topic? The literature reports the negative effect of stress on prolonged wound healing. Less is known about the relationship between stress and epidermal barrier dysfunction, a chronic, superficial wound involving the upper epidermal layers. What does this study add? Psychological stressors impact epidermal barrier function by activating the hypothalamic-pituitary-adrenal axis to stimulate local and systemic stress hormone production. Stress hormones negatively affect the epidermal barrier by decreasing epidermal lipids and structural proteins, decreasing stratum corneum hydration and increasing transepidermal water loss. Identification of such stressors can promote stress-avoidance and stress-reduction behaviours that protect epidermal barrier function and prevent certain dermatological conditions.