国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

製薬会社が開発した放射性医薬品を用いた医薬品の開発には、放射性廃棄物の発生を抑制するために、放射性廃棄物の発生を抑制するために、放射性廃棄物の発生を抑制することが重要である | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Pharm Biomed Anal.2019 Feb;165:261-267. S0731-7085(18)32018-1. doi: 10.1016/j.jpba.2018.12.016.Epub 2018-12-11.

製薬会社が開発した放射性医薬品を用いた医薬品の開発には、放射性廃棄物の発生を抑制するために、放射性廃棄物の発生を抑制するために、放射性廃棄物の発生を抑制することが重要である

Use of ESI-MS for semi-quantitative estimation of inactive precursor in no-carrier-added I- meta-Iodobenzylguanidine radiopharmaceutical preparation.

  • Anupam Mathur
  • Soumen Das
  • Navin Sakhare
  • S S Sachdev
PMID: 30562709 DOI: 10.1016/j.jpba.2018.12.016.

抄録

無担体添加(nca)-I-meta-ヨードベンジルグアジン(mIBG)は、神経内分泌腫瘍の治療に使用される臨床薬です。これは、mIBGとは化学的に異なる前駆体と放射性ヨウ素を反応させることにより調製される。少数のケースでは、前駆体は構造的に類似しており、精製工程で共溶出することがあります。このような前駆体の存在は、放射性医薬品の臨床挙動に影響を及ぼす可能性がある。本論文では、電子スプレーイオン化質量分析法(ESI-MS)を用いて、最終的な放射性標識製剤中の前駆体のナノモル濃度を高精度に推定する方法を紹介します。

No-carrier-added (nca)-I-meta-Iodobenzylguadine (mIBG) is a clinical agent used for the therapy of Neuroendocrine tumors. It is prepared by reaction of radioiodine with precursors that are chemically different from mIBG. The precursor in few cases is structurally similar and may co-elute along during purification step. Presence of these precursors in final radiolabeled formulation may affect the clinical behaviour of the radiopharmaceutical. The present paper describes the use of Electron-spray ionization-Mass Spectrometry (ESI-MS) where up to nano-molar concentrations of these precursors could be estimated with high precision in the final radiolabeled formulation.

Copyright © 2018 Elsevier B.V. All rights reserved.