会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるセミナー動画への視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

下顎第三大臼歯嵌頓抜歯後の自己評価による神経障害:247人の連続患者における423件の抜歯に関する実用的前向き研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Clin Oral Investig.2019 Aug;23(8):3257-3265.

下顎第三大臼歯嵌頓抜歯後の自己評価による神経障害:247人の連続患者における423件の抜歯に関する実用的前向き研究

Self-assessed neurological disturbances after surgical removal of impacted lower third molar: a pragmatic prospective study on 423 surgical extractions in 247 consecutive patients.

PMID: 30474748

抄録

目的:

本研究の目的は、下顎第三大臼歯衝突部外科切除後の下唇知覚障害を予測する上で、現在のX線撮影によるリスク指標と患者年齢の組み合わせの役割を評価することであった。どのような組み合わせが低リスクまたは高リスクを示すかということである。

OBJECTIVES: The aim of this study was to assess the combined role of current radiographic risk indicators and patient age in predicting lower lip sensitivity disturbances after surgical removal of impacted lower third molars. The question was which combinations indicate low or high risk.

材料と方法:

423回の外科的抜歯を受けた247人の連続した外来患者を含む前向き研究が実施された。予測変数は、患者の年齢とパノラマX線写真で観察されたリスク指標であった。結果変数は、自己評価による口唇感受性の変化の発生率であった。抜歯は、予測因子に従って4つのグループに分けられた。

MATERIALS AND METHODS: A prospective study was implemented involving 247 consecutive outpatients who underwent 423 surgical extractions. The predictor variables were patient age and risk indicators observed on panoramic radiographs. The outcome variable was the incidence of self-assessed lip sensitivity alterations. The extractions were subdivided into four groups according to the predictors.

結果:

25歳未満の患者には245本、25歳以上の患者には178本の抜歯が行われた。X線写真のリスク指標は423本中226本(53.43%)に関連していた。神経学的な障害は観察されなかった.一過性の口唇感受性の変化が5例(1.18%;95%信頼区間0.4~2.7%)に認められ,すべてX線写真のリスク指標を持つ高齢者群に認められた.

RESULTS: Two hundred forty-five teeth were extracted in patients younger than 25 years and 178 in patients 25 years old or older; radiographic risk indicators were associated with 226 out of 423 teeth (53.43%). No permanent neurological damage was observed. Transient lip sensitivity alterations were observed in five cases (1.18%; 95% confidence interval = 0.4 to 2.7%), all in the older group with radiographic risk indicators.

結論:

このデータは、25歳以上の患者において、X線写真のリスク指標がある場合にのみ発生する一過性の口唇感受性の障害の全体的な発生率は低いことを示している。

CONCLUSIONS: The data indicate a low overall incidence of transient lip sensitivity impairment that occurred only in the presence of radiographic risk indicators in patients aged ≥ 25 years.

臨床的意義:

インフォームド・コンセントには、X線写真のリスク指標を持つ成熟した患者における下歯槽神経損傷の可能性を含めるべきである。X線写真のリスク徴候がある乳歯の予防的除去は、患者がまだ25歳でない場合に適応されるかもしれない。

CLINICAL RELEVANCE: Informed consent should include the possibility of inferior alveolar nerve injury in mature patients with radiographic risk indicators. Prophylactic removal of impacted teeth with radiographic signs of risk may be indicated when the patient is not yet aged 25 years.