国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

地中海斑点熱に対する単日ドキシサイクリン療法の前向きコホート研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Antimicrob. Agents Chemother..2018 11;62(11). e00978-18. doi: 10.1128/AAC.00978-18.Epub 2018-10-24.

地中海斑点熱に対する単日ドキシサイクリン療法の前向きコホート研究

Prospective Cohort Study of Single-Day Doxycycline Therapy for Mediterranean Spotted Fever.

  • Elena Espejo
  • Marta Andrés
  • Maria-Consol Garcia
  • Anna Fajardo
  • Josefa Pérez
  • Feliu Bella
PMID: 30150470 PMCID: PMC6201067. DOI: 10.1128/AAC.00978-18.

抄録

本研究の目的は,地中海性斑点熱(MSF)に対する単日ドキシサイクリン療法の成績を評価することである.本研究は,1990 年から 2015 年までに教育病院でドキシサイクリン単日レジメンによる治療を受けた MSF が確認された症例を対象としたプロスペクティブコホート研究である.患者はドキシサイクリン 200 mg を 1 日間 2 回経口投与された.評価した転帰は,治療開始からアピレクシアが出現するまでの時間間隔,治療開始から他の症状が消失するまでの時間間隔,治療に対する副作用と死亡であった.対象者は158人で、そのうち18人(11.4%)が重症のMSFを有し、31人(19.6%)が65歳以上であった。症状発現から治療開始までの期間は4.31±1.54日であった。すべての患者は何事もなく回復した。発熱は治療開始から2.55±1.14日後に消失した.残りの症状(頭痛、関節痛)は治療開始後3.63±1.35日で消失した。無気力症への到達が遅れた患者は1名のみであった(8日)。発熱は、重症例では非重症例(中央値、2日;IQR、2~3日)よりもやや遅れて消失した(中央値、3日;四分位間範囲[IQR]、2~4日)。同様に、重症者(中央値:5日、IQR:4~6日)では、非重症者(中央値:3日、IQR:3~4日)に比べて、残存症状の消失が遅かった。転帰は高齢者でも非高齢者でも同様であった。8人の患者に軽度の副作用がみられたが,治療に関連している可能性があった.本試験の結果から,ドキシサイクリン単日投与は,高齢者や重症例を含むMSFに対して有効で忍容性の高い治療法であることが確認された。

The objective of this study is to evaluate the results of single-day doxycycline therapy for Mediterranean spotted fever (MSF). This is a prospective cohort study of cases with confirmed MSF treated with the single-day doxycycline regimen in a teaching hospital from 1990 to 2015. Patients received two oral doses of 200 mg of doxycycline for 1 day. The outcomes evaluated were the time interval between the start of treatment and apyrexia, the time interval between the start of treatment and disappearance of other symptoms, and the adverse reactions to treatment and death. The study included 158 subjects, 18 of whom (11.4%) had a severe form of MSF and 31 (19.6%) were >65 years. The interval between onset of symptoms and start of treatment was 4.31 ± 1.54 days. All patients recovered uneventfully. Fever disappeared 2.55 ± 1.14 days after the start of treatment. The remaining symptoms (headache, arthromyalgia) disappeared 3.63 ± 1.35 days after the start of treatment. Only one patient had a delay in reaching apyrexia (8 days). The fever disappeared somewhat later in severe cases (median, 3 days; interquartile range [IQR], 2 to 4 days) than in nonsevere cases (median, 2 days; IQR, 2 to 3 days). Likewise, the remaining symptoms disappeared later in severe cases (median, 5 days; IQR, 4 to 6 days) than in nonsevere cases (median, 3 days; IQR, 3 to 4 days). The outcome was similar in both elderly and nonelderly patients. Eight patients had mild adverse effects possibly related to treatment. The results of the study confirm that single-day doxycycline therapy is an effective and well-tolerated treatment for MSF, including elderly patients and severe cases.

Copyright © 2018 American Society for Microbiology.