会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

フォレンジックルミノール血液検出剤を用いた口腔外科医院での目に見えない血液汚染の検出 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Int Soc Prev Community Dent.2018 Jul-Aug;8(4):327-332. JISPCD-8-327. doi: 10.4103/jispcd.JISPCD_10_18.Epub 2018-07-18.

フォレンジックルミノール血液検出剤を用いた口腔外科医院での目に見えない血液汚染の検出

Detection of Visually Imperceptible Blood Contamination in the Oral Surgical Clinic using Forensic Luminol Blood Detection Agent.

  • Raniah Abdullah Al-Eid
  • Sundar Ramalingam
  • Chalini Sundar
  • Mona Aldawsari
  • Nasser Nooh
PMID: 30123765 PMCID: PMC6071351. DOI: 10.4103/jispcd.JISPCD_10_18.

抄録

研究の目的:

口腔外科手術では、目に見えない血液や飛散物、エアロゾル化した血液を介して診療所内に感染症が蔓延する可能性がある。本研究の目的は、ルミノールを用いて口腔外科クリニックにおける臨床表面や個人用保護具(PPE)の血液汚染を評価することである。

Aim and Objectives: Oral surgical procedures can cause spread of infections in the clinics through visually imperceptible, splattered, and aerosolized blood. The aim of this study was to evaluate visually imperceptible blood contamination of clinical surfaces and personal protective equipment (PPE) in an oral surgery clinic using luminol.

材料と方法:

倫理的承認を得て、消毒された診療所で局所麻酔下で口腔外科手術を行い、口腔外科医、歯科助手、患者はPPEを使用した。手術後、ルミノールを使用して臨床表面とPPEの血液汚染の痕跡を目視で確認できないように評価した。血液汚染と処置の期間に関するデータを収集した。ノンパラメトリック検定を用いて、95%有意水準の検定を行った(Epi Info, Stat Calc 7, CDC, Atlanta, USA)。

Materials and Methods: Following ethical approval, oral surgical procedures were performed under local anesthesia in a disinfected clinic, and PPE was used by the oral surgeon, dental assistant, and patients. After the procedure, clinical surfaces and PPE were evaluated for traces of visually imperceptible blood contamination using luminol. Data regarding blood contamination and the duration of the procedure were collected. Nonparametric tests, with 95% significance level (Epi Info, Stat Calc 7, CDC, Atlanta, USA), were used to identify statistical interactions between the duration of the procedure and the frequency of blood contamination.

結果:

血液汚染は、手術野の下のフローリング(86.67%)、器具トレイ、手術灯、歯科用椅子、吸引ユニット(100%)で検出された。ヘッドキャップと靴カバーを除いて、臨床担当者が使用したすべてのPPE、患者が使用したアイウェアとチェストドレープから血液汚染が検出された。手術時間が40分を超えて長くなると、臨床担当者の手錠から血液汚染のリスクが有意に増加した(<0.01)。

Results: Blood contamination was detected in flooring below surgical field (86.67%), instrument tray, operating light, dental chair, and suction unit (100%). Except head caps and shoe covers, blood contamination was detected in all the PPE used by the clinical personnel, and the eyewear and chest drapes used by patients. An increase in the surgical time beyond 40 min significantly increased the risk of blood contamination in the handcuffs of the clinical personnel ( < 0.01).

議論と結論:

臨床表面および PPE の目に見えない血液汚染は、口腔外科手術の小手術に関連している。このことから、口腔外科手術の小手術の前後にはすべての臨床表面の清掃と消毒を行い、すべての手術中には臨床医と患者のためにPPEを使用することが義務づけられている。

Discussion and Conclusion: Visually imperceptible blood contamination of the clinical surfaces and PPE is associated with minor oral surgical procedures. This mandates the cleaning and disinfection of all clinical surfaces before and after minor oral surgical procedures and PPE for clinicians and patients during every procedure.