会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

脊椎減圧手術における新しいナノハイドロキシアパタイト/ポリアミド66複合人工ラミナの臨床使用。4年以上の経過観察 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Med. Sci. Monit..2018 Aug;24:5573-5579. 907958. doi: 10.12659/MSM.907958.Epub 2018-08-11.

脊椎減圧手術における新しいナノハイドロキシアパタイト/ポリアミド66複合人工ラミナの臨床使用。4年以上の経過観察

Clinical Use of a New Nano-Hydroxyapatite/Polyamide66 Composite Artificial Lamina in Spinal Decompression Surgery: More Than 4 Years' Follow-Up.

  • Zenghui Zhao
  • Liang Guo
  • Yong Zhu
  • Wei Luo
  • Yunsheng Ou
  • Zhengxue Quan
  • Dianming Jiang
PMID: 30097559 PMCID: PMC6100460. DOI: 10.12659/MSM.907958.

抄録

背景 長期的な追跡調査の結果、硬膜外傷跡の形成と癒着は常に、ラミン切除術後の再手術の転帰に影響を及ぼすことが示された。瘢痕組織と硬膜の間にバリアを設けることは硬膜外瘢痕形成の防止に有効であった。MATERIAL AND METHODS ナノハイドロキシアパタイト/ポリアミド66(n-HA/PA66)人工ラミナを設計・作製し、開腹した脊柱管を覆うために使用した。視覚アナログスケール(VAS)と日本整形外科学会(JOA)スコア、X線検査、コンピュータ断層撮影、磁気共鳴画像検査の結果を定期的に記録し、評価した。結果 全患者を4~7年、平均5.2年で追跡調査した。手術後のJOAスコアは術前と比較して有意に改善し、最終フォローアップまで維持された(P<0.05)ことから、臨床症状は手術後に有意に改善した。椎骨管は術後16.7±4.7mmから32.9±2.2mmと顕著に拡大し、32.1±1.8mmと良好に維持されていた。腰部脊柱管狭窄症は手術後も良好に維持されていた。n-HA/PA66ラミナの破裂、吸収、脱落は認められなかった。MRIは脊柱管が正しい形態をしており、狭窄もなく、明らかな瘢痕形成もなく、神経根や硬膜外嚢の圧迫もないことを示した。結論 症例数が少ないにもかかわらず、人工ラミナはラミネクトミー後の硬膜外瘢痕形成を予防するための合理的な選択である。

BACKGROUND Long-term follow-up results showed that epidural scar formation and adhesion after laminectomy always affected the outcomes of repeat operations. The establishment of a barrier between scar tissue and dura was effective in preventing epidural scar formation. MATERIAL AND METHODS A nano-hydroxyapatite/polyamide66 (n-HA/PA66) artificial lamina was designed and fabricated and used to cover the opened spinal canal in patients who received laminectomy. The visual analogue scale (VAS) and Japanese Orthopedic Association (JOA) Scores, X-ray, computed tomography, and magnetic resonance imaging results were periodically recorded and evaluated. RESULTS All patients were followed up for 4-7 years, with an average period of 5.2 years. The clinical symptoms improved significantly after surgery, as the JOA scores were significantly improved after the operation and maintained to last follow-up when compared with preoperative ones (P<0.05). The vertebral canal became noticeably enlarged, from 16.7±4.7 mm to 32.9±2.2 mm, after surgery and well maintained to 32.1±1.8 mm. The lumbar lordosis was well maintained after surgery. No rupture, absorption, or dislodgement of the n-HA/PA66 lamina was found. MRI showed the spinal canal had the correct morphology, with no stenosis, no obvious scar formation, and no nerve roots or epidural sac compression. CONCLUSIONS The artificial lamina is a reasonable choice for prevention of epidural scar formation after laminectomy, in spite of the results from a small sample of cases.