会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

原始内胚葉発生におけるPDGFとFGFのシグナル伝達機構の違い | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Dev. Biol..2018 10;442(1):155-161. S0012-1606(18)30415-9. doi: 10.1016/j.ydbio.2018.07.010.Epub 2018-07-17.

原始内胚葉発生におけるPDGFとFGFのシグナル伝達機構の違い

Distinct mechanisms for PDGF and FGF signaling in primitive endoderm development.

  • Andrei Molotkov
  • Philippe Soriano
PMID: 30026121 PMCID: PMC6163042. DOI: 10.1016/j.ydbio.2018.07.010.

抄録

マウスの着床前発生において、原始内胚葉(Primitive Endoderm: PrE)と上芽細胞(Epiblast: Epi)の分化にFGFシグナルが重要な役割を果たしていることが知られているが、FGFが他の成長因子シグナル伝達経路とどのように相乗効果を発揮しているかは不明である。PDGFRαのシグナル伝達はPrEにも関与していることから、我々はPDGFRαがFGFR1またはFGFR2とともにPrEの発生にどのような役割を果たしているのかを調べた。その結果、Pdgfra; Fgfr1複合変異体ではPrEの発生が阻害され、Pdgfra; Fgfr2複合変異体やPdgfra; Fgfr2複合変異体ではPrEの発生が有意に抑制された。このことから、Fgfr2とPdgfraの両方がPrE細胞の生存に関与し、Fgfr1がPrE細胞のスペックを制御していることが明らかになった。この結果は、FGFR1が関与するERK1/2シグナルがPrEの仕様を制御し、PDGFRαが関与するPI3KシグナルがFGFR2が関与するPI3KシグナルがPrEの生存と位置を制御しているというモデルを示唆している。これらの研究は、着床前発生において、複数の成長因子とシグナル伝達経路がどのように協力しているかを示している。

FGF signaling is known to play a critical role in the specification of primitive endoderm (PrE) and epiblast (Epi) from the inner cell mass (ICM) during mouse preimplantation development, but how FGFs synergize with other growth factor signaling pathways is unknown. Because PDGFRα signaling has also been implicated in the PrE, we investigated the coordinate functions of PDGFRα together with FGFR1 or FGFR2 in PrE development. PrE development was abrogated in Pdgfra; Fgfr1 compound mutants, or significantly reduced in Pdgfra; Fgfr2 or Pdgfra; Fgfr2 compound mutants. We provide evidence that both Fgfr2 and Pdgfra play roles in PrE cell survival while Fgfr1 controls PrE cell specification. Our results suggest a model where FGFR1-engaged ERK1/2 signaling governs PrE specification while PDGFRα- and by analogy possibly FGFR2- engaged PI3K signaling regulates PrE survival and positioning in the embryo. Together, these studies indicate how multiple growth factors and signaling pathways can cooperate in preimplantation development.

Copyright © 2018 Elsevier Inc. All rights reserved.