国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

既存の天然歯とインプラント後の修復物の審美ゾーンにおける審美的特徴の比較。12ヵ月間のレトロスペクティブな追跡調査 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int J Oral Maxillofac Implants.2018 Jul/Aug;33(4):919-928.

既存の天然歯とインプラント後の修復物の審美ゾーンにおける審美的特徴の比較。12ヵ月間のレトロスペクティブな追跡調査

A Comparison of Esthetic Features of Pre-existing Natural Tooth Versus Post-Implant Restoration in the Esthetic Zone: A Retrospective 12-month Follow-up.

PMID: 30025010

抄録

目的:

抜歯前の歯列の審美的領域に位置する天然歯とインプラント修復物との関連性を明らかにし、術前の天然歯列に基づく新しい現代的な審美的指標(EIND)を提案することを目的とする。

PURPOSE: To correlate the link between natural teeth located in esthetic regions of the arches before extraction with their definitive dental implant restorations, and to propose a new and contemporary esthetic index based on the natural dentition (EIND) preoperatively.

材料と方法:

上顎前歯部にインプラント補綴治療が必要な歯があり,高いスマイルラインを有する患者を対象とした。抜歯前に撮影した口腔内臨床写真と、インプラント支持の永久歯を装着してから10±1.5ヵ月(範囲:9~12ヵ月)後に撮影したペリアピカルデジタルX線写真を用いて、提案した指標に基づいて測定・評価を行った。ピンクエステティックスコア(PES)のパラメータを分析した。歯牙部位とインプラント部位の間のインプラント前とインプラント後のパラメータの統計分析は,コンピュータソフトウェアプログラムを用いて行われた.

MATERIALS AND METHODS: Patients possessing a high smile line with teeth requiring implant replacement therapy in the maxillary anterior region were included. Clinical intraoral photographs and periapical digital radiographs taken before extraction and 10 ± 1.5 months (range: 9 to 12 months) after the delivery of implant-supported permanent restorations were used to make the measurements and evaluations according to the proposed index. Pink esthetic score (PES) parameters were analyzed. Statistical analyses of preimplant and postimplant parameters between tooth sites and implant sites were carried out with a computer software program.

結果:

本研究では、平均年齢39.6歳の51名の患者(女性35名、男性16名)を対象とし、上顎前歯部に合計83本の歯科インプラントを埋入した。そのうち、右犬歯6本、右側切歯22本、右中切歯11本、左中切歯22本、左側切歯17本、左犬歯5本であった。対象となった83本のインプラントのうち、67本は即時埋入、16本は遅延埋入であった。歯牙部位とインプラント部位の統計的分析により、組織の輪郭(P = 0.001)、質感(P = 0.001)、歯槽膿漏(P = 0.001)、および総PES(P = 0.007)に有意な差が認められた。中膜乳頭、遠位乳頭、組織のマージン、組織のバイオタイプ、角化した粘膜の量には、統計的に有意な差は認められなかった。さらに、R2値は天然歯列と比較して、インプラント周囲組織のパラメータの分散が高く、予測可能な値が低いことを示した。

RESULTS: The study included 51 patients (35 women, 16 men), with a mean age of 39.6 years, with a total of 83 dental implants placed in the maxillary anterior region. Of these, there were 6 right canines, 22 right lateral incisors, 11 right central incisors, 22 left central incisors, 17 left lateral incisors, and 5 left canines. Of the 83 included implants, 67 were immediately and 16 were delayed placed. Statistical analyses between tooth sites and implant sites showed significant differences in tissue contour (P = .001), texture (P = .001), alveolar deficiency (P = .001), and total PES (P = .007). No statistically significant difference was detected in mesial papilla, distal papilla, tissue margin, tissue biotype, and the amount of keratinized mucosa. Additionally, R2 value presented a higher variance and lower predictable values of peri-implant tissue parameters compared with those of the natural dentition.

おわりに:

本研究では、様々な歯周組織およびインプラント周囲の軟組織および硬組織のパラメータを分析し、新しい指標システムであるEINDを提案した。この指標は,抜歯前の治療計画を立てる際の審美関連パラメータの収集や,審美的リスク評価のための貴重な情報として利用できる可能性がある.

CONCLUSION: This study analyzed various periodontal and peri-implant soft and hard tissue parameters, and a new index system, EIND, was proposed. This index could be used to collect the esthetic-related parameters for pre-extraction treatment planning and provide valuable information for esthetic risk assessment.