会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

小型リンパ球性リンパ腫/慢性リンパ性白血病患者におけるリーシュマニア. | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Am J Case Rep.2018 05;19:512-516. 907584. doi: 10.12659/AJCR.907584.Epub 2018-05-01.

小型リンパ球性リンパ腫/慢性リンパ性白血病患者におけるリーシュマニア.

Leishmania in a Patient with Small Lymphocytic Lymphoma/Chronic Lymphocytic Leukemia.

  • Gregory Nicolas
  • Elliott Koury
  • Dani Osman
  • Christian Saliba
  • Lea Nehme
  • Stephanie Mitri
  • Julien-Sami Atef El Sayegh
  • Linda Rached
  • George Khoury
PMID: 29712885 PMCID: PMC5952821. DOI: 10.12659/AJCR.907584.

抄録

背景 リーシュマニア症は、通常、中東、アフリカ、アジア、ヨーロッパの一部に生息している感染したハエに咬まれることで広がる寄生虫感染症です。リーシュマニア症には3つの異なる形態があります。内臓型(カラアザールとしても知られている)、最も重篤な型である皮膚型、最も一般的な型である皮膚型、および粘膜型です。症状は、無症候性感染から発熱、肝臓や脾臓の肥大、体重減少、汎血球減少など多岐にわたる。症例報告 この症例報告では、慢性リンパ性白血病(CLL)であることが知られている73歳の男性を取り上げ、発熱が持続し、驚くべきことにカラアザール感染が判明した。結論 内臓リーシュマニア症の治療には早期診断と治療が非常に重要である。免疫不全患者の従来の治療は、リポソームアムホテリシンBの投与であるが、我々の患者はコルチコステロイドに反応した。

BACKGROUND Leishmaniasis is a parasitic infection spread by the bite of infected sand flies that are usually present in the Middle East, Africa, and some parts of Asia and Europe. Leishmaniasis manifests in 3 different forms: Visceral (also known as Kala Azar), which is the most serious type; cutaneous, which is the most common type; and mucocutaneous. The symptoms of this infection range from a silent infection to fever, enlargement of the liver and spleen, weight loss, and pancytopenia. CASE REPORT In this case report, we discuss a 73-year-old man known to have chronic lymphocytic leukemia (CLL), presenting with unremitting fever and who to our surprise was found to have Kala Azar. CONCLUSIONS Early diagnosis and treatment are very important in treating visceral leishmaniasis. While the conventional treatment in immunocompromised patients is liposomal amphotericin B, our patient responded to corticosteroids.