会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

矯正治療終了後の侵襲性頚椎吸収の発生 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Rom J Morphol Embryol.2017;58(4):1561-1567. 58041715611567.

矯正治療終了後の侵襲性頚椎吸収の発生

Occurrence of invasive cervical resorption after the completion of orthodontic treatment.

  • Paula Perlea
  • Marina Imre
  • Cristina Coralia Nistor
  • Mihaela Georgiana Iliescu
  • Irina Maria Gheorghiu
  • Itzhak Abramovitz
  • Alexandru Andrei Iliescu
PMID: 29556658

抄録

侵襲性頸部吸収(ICR)は、歯冠と歯根の硬組織の不可逆的かつ進行性の喪失であり、通常は1本の永久歯に影響を及ぼす。本研究の目的は、歯列矯正後の歯牙移動後の異なる時期に、内科的・歯科的なアナムネシスのない3人の患者において検出されたICR病変のパターンを提示することであった。X-Mind™(Satelec)、3D Accuitomo(Morita)を用いて、従来のレントゲン写真とコーンビームコンピュータ断層撮影(CBCT)画像を取得した。今回の臨床研究では,歯列矯正力がICRを発生させる重要な因子である可能性があること,また,歯列矯正力が長時間継続的に作用するため,歯を長く動かすと病変発生のリスクが高くなることが確認されました.しかし,外傷,歯周炎,歯ぎしり,歯ぎしりなどの付加的な要因が相乗的に作用していることも見逃せません.我々の研究で発見されたより進行したICR病変は、Heithersayクラス3およびクラス4と呼ばれ、従来のX線写真では、不規則で拡散性の斑点状の放射状隆起が歯冠と歯根の奥深くまで広がっているように見えた。従来の口腔内X線写真では、修復欠損を早期に適切に識別することができないため、CBCTはICRの検出と重症度の評価において優れた精度を有していることが証明された。さらに、CBCT画像は、矢状面、軸方向、冠状面のスライスにより、歯の全表面を正確に検査することができ、誤った診断結論を避けることができます。現在では、CBCTスキャンにより、ICR病変の歯構造への広がりと性質を正確に評価することができるようになりました。

The invasive cervical resorption (ICR) is an irreversible and progressive loss of tooth hard tissues involving coronal and root dentine that usually affects single permanent teeth. The aim of this study was to present the pattern of ICR lesions detected in three patients with no contributory medical and dental anamnesis, at different time periods after orthodontic tooth movements. Conventional radiographs and cone-beam computed tomography (CBCT) images were obtained by X-Mind™ (Satelec), respective 3D Accuitomo (Morita). The present clinical study confirmed that orthodontic forces might be a key factor for generating an ICR and the risk of lesion occurrence is increased in long movements of the teeth because the orthodontic forces act continuously an extended time. However, it should not be overlooked the synergistic effect of additional factors such as traumatic injuries, periodontal inflammation, clenching, and grinding. The more advanced ICR lesions found in our study, described as Heithersay Class 3 and Class 4, appeared on conventional radiographs as irregular, diffuse, mottled radiolucencies extended both to the crown and deeply into the tooth root. CBCT proved to have a superior accuracy in detection and assessing the severity of ICR, since the conventional intraoral radiographs cannot afford an early and proper identification of the resorptive defect. Moreover, the CBCT image allows an accurate inspection of all surfaces of tooth due to the slices in sagittal, axial and coronal planes, and to avoid erroneous diagnostic conclusions. Currently, due to CBCT scan, the nature and extension of ICR lesion into the tooth structures can be exactly evaluated.