会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

早産低出生体重児の危険因子として考えられる歯周病感染症。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Periodontol..1996 Oct;67 Suppl 10S:1103-1113. doi: 10.1902/jop.1996.67.10s.1103.

早産低出生体重児の危険因子として考えられる歯周病感染症。

Periodontal Infection as a Possible Risk Factor for Preterm Low Birth Weight.

  • Steven Offenbacher
  • Vern Katz
  • Gregory Fertik
  • John Collins
  • Doryck Boyd
  • Gayle Maynor
  • Rosemary McKaig
  • James Beck
PMID: 29539791 DOI: 10.1902/jop.1996.67.10s.1103.

抄録

歯周病はグラム陰性嫌気性感染症であり,出産年齢(18~34 歳)の女性に発症する可能性がある.今回の調査では、母体の歯周病感染の有病率が早産低体重児(PLBW)と関連しているかどうかを、既知の危険因子および潜在的な共変量をコントロールして検討した。124人の妊娠中または産後の母親を対象とした症例対照研究を実施した。PLBW症例は、出生時体重が2,500g未満で、以下のうち1つ以上を有する母親と定義された:妊娠37週未満、早産(PTL)、または早産膜破裂(PROM)。対照は正常出生体重児(NBW)としました。評価には、タバコ使用、薬物使用、アルコール摂取、出生前ケアのレベル、出生率、生殖器感染症、栄養などの既知の産科危険因子の広い範囲が含まれていた。各被験者は歯周病検査を受け、臨床的愛着度を決定した。PLBW症例および原始的PLBW症例(n = 93)は、それぞれのNBW対照者よりも有意に歯周病が悪化していた。多変量ロジスティック回帰モデルを用いて他の危険因子および共変量をコントロールした結果、歯周病はPLBWの統計的に有意な危険因子であり、調整オッズ比はすべてのPLBW症例で7.9、原始的PLBW症例で7.5であった。これらのデータは、歯周病がPTLまたは早産PROMの結果として早産低体重児の危険因子として、これまで認識されていなかった臨床的に有意なことを示している。J Periodontol 1996;67:1103-1113。

Periodontal diseases are Gram-negative anaerobic infections that can occur in women of childbearing age (18 to 34 years). In the present investigation we sought to determine whether the prevalence of maternal periodontal infection could be associated with preterm low birth weight (PLBW), controlling for known risk factors and potential covariates. A case-control study of 124 pregnant or postpartum mothers was performed. PLBW cases were defined as a mother with a birth of less than 2,500 g and one or more of the following: gestational age <37 weeks, preterm labor (PTL), or premature rupture of membranes (PROM). Controls were normal birth weight infants (NBW). Assessments included a broad range of known obstetric risk factors, such as tobacco use, drug use, alcohol consumption, level of prenatal care, parity, genitourinary infections, and nutrition. Each subject received a periodontal examination to determine clinical attachment level. PLBW cases and primiparous PLBW cases (n = 93) had significantly worse periodontal disease than the respective NBW controls. Multivariate logistic regression models, controlling for other risk factors and covariates, demonstrated that periodontal disease is a statistically significant risk factor for PLBW with adjusted odds ratios of 7.9 and 7.5 for all PLBW cases and primiparous PLBW cases, respectively. These data indicate that periodontal diseases represent a previously unrecognized and clinically significant risk factor for preterm low birth weight as a consequence of either PTL or preterm PROM. J Periodontol 1996;67:1103-1113.

© 1996 American Academy of Periodontology.