会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

脳卒中後の嚥下リハビリテーションのための電気刺激と運動の併用:パイロット無作為化対照試験 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int J Lang Commun Disord.2018 03;53(2):405-417. doi: 10.1111/1460-6984.12359.Epub 2017-12-30.

脳卒中後の嚥下リハビリテーションのための電気刺激と運動の併用:パイロット無作為化対照試験

Combined electrical stimulation and exercise for swallow rehabilitation post-stroke: a pilot randomized control trial.

  • Lise Sproson
  • Sue Pownall
  • Pam Enderby
  • Jenny Freeman
PMID: 29288590 DOI: 10.1111/1460-6984.12359.

抄録

背景:

嚥下障害は脳卒中後によくみられ、当初は患者の最大50%が影響を受けている。嚥下障害は、脳卒中関連死の30%を引き起こす脳卒中後肺炎につながる可能性があり、入院期間が長くなり、健康状態が悪化します。脳卒中後の嚥下障害のケアは一般的に、嚥下機能の直接的な身体的リハビリテーションよりも、口腔内の摂取食感の改善や姿勢の改善による症状の管理に重点が置かれている。経皮的神経筋電気刺激(NMES)は嚥下機能を刺激するために使用できる有望なリハビリテーション技術であるが、その有効性に関する知見は相反するものである。

BACKGROUND: Dysphagia is common after stroke, affecting up to 50% of patients initially. It can lead to post-stroke pneumonia, which causes 30% of stroke-related deaths, a longer hospital stay and poorer health outcomes. Dysphagia care post-stroke generally focuses on the management of symptoms, via modified oral intake textures and adapted posture, rather than direct physical rehabilitation of the swallowing function. Transcutaneous neuromuscular electrical stimulation (NMES) is a promising rehabilitation technology that can be used to stimulate swallowing; however, findings regarding efficacy have been conflicting.

エーアイエムズ:

英国の3施設が参加したこの試験的無作為化比較試験では、脳卒中後の嚥下障害の治療におけるNMESに関するエビデンスを明らかにするために、NMESと嚥下強化運動を組み合わせたAmpcare Effective Swallowing Protocol(ESP)の有効性を通常のケアと比較した。もう一つの目的は、本格的な試験のデザインに情報を提供するために、試験的に募集手順とアウトカム測定を行うことであった。

AIMS: This pilot randomized controlled study involving three UK sites compared the efficacy of the Ampcare Effective Swallowing Protocol (ESP), combining NMES with swallow-strengthening exercises, with usual care in order to clarify evidence on NMES in the treatment of dysphagia post-stroke. A further objective was to pilot recruitment procedures and outcome measures in order to inform the design of a full-scale trial.

30人の患者が募集され、(1)通常の言語療法による嚥下障害ケア、または(2)Ampcare ESP、週5日/4週間の治療を受ける群に無作為に割り付けられました。アウトカム指標には次のものが含まれた:Functional Oral Intake Scale(FOIS)、Rosenbek Penetration-Aspiration Scale(PAS)、および患者が報告したアウトカム(Swallow Related Quality of Life-SWAL-QOL)。

METHODS & PROCEDURES: Thirty patients were recruited and randomized into either (1) usual speech and language therapy dysphagia care; or (2) Ampcare ESP, receiving treatment 5 days/week for 4 weeks. Outcome measures included: the Functional Oral Intake Scale (FOIS), the Rosenbek Penetration-Aspiration Scale (PAS) and patient-reported outcomes (Swallow Related Quality of Life-SWAL-QOL).

30人の患者がリクルートされた;15人がAmpcare ESP介入群に、15人が通常ケア群にランダムに割り付けられた。通常ケア群の57%(または8/14)と比較して、Ampcare ESPを受けた患者のより高い割合(75%、または9/12)が改善した。アンプケアESPを受けた患者はまた、通常ケア群と比較して臨床的に意味のある変化(FOISでは1.5、PASでは食事で1.35、水分で0.3の比較効果)を示した。介入群はまた、アウトカムの満足度もはるかに高いと報告された。

OUTCOMES & RESULTS: Thirty patients were recruited; 15 were randomized to the Ampcare ESP intervention arm and 15 to usual care. A greater proportion (75%, or 9/12) of patients receiving Ampcare ESP improved compared with 57% (or 8/14) of the usual-care group. Patients receiving Ampcare ESP also made clinically meaningful change (a comparative benefit of 1.5 on the FOIS, and on the PAS: 1.35 for diet and 0.3 for fluids) compared with usual care. The intervention group also reported much better outcome satisfaction.

パイロット試験では、被験者募集の成功、治療の安全性と忍容性、臨床的に意味のあるアウトカムの改善が示され、完全なパワー試験への移行が正当化されました。また、Ampcare ESP介入の臨床的に意味のある治療傾向も示されました。

CONCLUSIONS & IMPLICATIONS: The pilot demonstrated successful recruitment, treatment safety and tolerability and clinically meaningful outcome improvements, justifying progression to a fully powered study. It also showed clinically meaningful treatment trends for the Ampcare ESP intervention.

© 2017 Royal College of Speech and Language Therapists.