会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

恐怖は親のケアに影響を与え、幼少期の生存を予測し、人口統計学上の恐怖の総コストを悪化させる | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Ecology.2018 Jan;99(1):127-135. doi: 10.1002/ecy.2050.Epub 2017-11-27.

恐怖は親のケアに影響を与え、幼少期の生存を予測し、人口統計学上の恐怖の総コストを悪化させる

Fear affects parental care, which predicts juvenile survival and exacerbates the total cost of fear on demography.

  • Blair P Dudeck
  • Michael Clinchy
  • Marek C Allen
  • Liana Y Zanette
PMID: 29030965 DOI: 10.1002/ecy.2050.

抄録

恐怖(知覚された捕食リスク)自体は野生生物の個体群動態に影響を与える可能性があるが、恐怖が個体群動態に与える累積的な影響はよく理解されていない。しかし、野生動物を対象とした実験では、恐怖が親の餌供給に与える影響と、それが依存性のある子孫の生存に与える影響を検証したのは1つだけであり、それは初期段階の親の世話をしている間だけであった。我々は、無線タグ付けされたサンスズメの幼鳥の位置を特定し、その近辺で捕食者または非捕食者のプレイバックを放送し、親の行動と親自身の行動を測定し、自立までの幼鳥の生存を追跡することによって、移動する依存性のある幼鳥の後期の親のケアに対する恐怖の影響をテストした。恐怖心は後期の親のケアを有意に減少させ、親の恐怖心(捕食者の声を聞いたときの供給量の減少によって指標化される)は子孫の状態と生存を有意に予測した。この実験から得られた結果と早期ケアに関する結果を組み合わせることで、恐怖心自体が後期の生存率を24%低下させ、累積的に独立に到達する子供の数を半分以上の53%減少させるのに十分なほど強力であることを予測しています。無脊椎動物や水生系での実験では、恐怖が獲物の個体数分布に影響を与える上で、直接殺傷と同じくらい重要であることが一般的に示されており、恐怖の効果と子孫の生存率にもっと焦点を当てることで、野生動物についても同様のことが明らかになることを示唆している。

Fear itself (perceived predation risk) can affect wildlife demography, but the cumulative impact of fear on population dynamics is not well understood. Parental care is arguably what most distinguishes birds and mammals from other taxa, yet only one experiment on wildlife has tested fear effects on parental food provisioning and the repercussions this has for the survival of dependent offspring, and only during early-stage care. We tested the effect of fear on late-stage parental care of mobile dependent offspring, by locating radio-tagged Song Sparrow fledglings and broadcasting predator or non-predator playbacks in their vicinity, measuring their parent's behavior and their own, and tracking the offspring's survival to independence. Fear significantly reduced late-stage parental care, and parental fearfulness (as indexed by their reduction in provisioning when hearing predators) significantly predicted their offspring's condition and survival. Combining results from this experiment with that on early-stage care, we project that fear itself is powerful enough to reduce late-stage survival by 24%, and cumulatively reduce the number of young reaching independence by more than half, 53%. Experiments in invertebrate and aquatic systems demonstrate that fear is commonly as important as direct killing in affecting prey demography, and we suggest focusing more on fear effects and on offspring survival will reveal the same for wildlife.

© 2017 by the Ecological Society of America.