会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

コンゴ民主共和国イディオファにおける5歳未満の子どもの下痢の減少に対する衛生設備の改善の効果:クラスター無作為化試験 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Infect Dis Poverty.2017 Sep;6(1):137. 10.1186/s40249-017-0351-x. doi: 10.1186/s40249-017-0351-x.Epub 2017-09-19.

コンゴ民主共和国イディオファにおける5歳未満の子どもの下痢の減少に対する衛生設備の改善の効果:クラスター無作為化試験

Effects of improved sanitation on diarrheal reduction for children under five in Idiofa, DR Congo: a cluster randomized trial.

  • Seungman Cha
  • JaeEun Lee
  • DongSik Seo
  • Byoung Mann Park
  • Paul Mansiangi
  • Kabore Bernard
  • Guy Jerome Nkay Mulakub-Yazho
  • Honore Minka Famasulu
PMID: 28923093 PMCID: PMC5604412. DOI: 10.1186/s40249-017-0351-x.

抄録

バックグラウンド:

安全な水と衛生設備の欠如は、多くの開発途上国における下痢の横行に寄与している。

BACKGROUND: The lack of safe water and sanitation contributes to the rampancy of diarrhea in many developing countries.

方法:

本研究では、コンゴ民主共和国のイディオファで行われたクラスター無作為化試験のデザインについて説明しており、4歳未満の子どもの下痢に対する衛生改善の影響についての証拠を求めている。276 quartiersのうち、18 quartiersが介入群または対照群に無作為に割り付けられた。710世帯がサンプリングされ、各世帯の最年少の4歳未満児が本研究の対象として登録された。本研究の主要エンドポイントは、5歳未満の子どもにおける下痢の発生率、有病率、持続期間である。

METHODS: This study describes the design of a cluster-randomized trial in Idiofa, the Democratic Republic of the Congo, seeking evidence of the impact of improved sanitation on diarrhea for children under four. Of the 276 quartiers, 18 quartiers were randomly allocated to the intervention or control arm. Seven hundred and-twenty households were sampled and the youngest under-four child in each household was registered for this study. The primary endpoint of the study is diarrheal incidence, prevalence and duration in children under five.

DISCUSSION:

竪穴掘削と上部構造・屋根工事を完了した世帯に限り、所得水準に関係なく資材補助金を支給する。本研究では、各世帯の母親が4歳未満の子供の下痢エピソードを毎日記録できるように、衛生カレンダーを採用している。この日記は、下痢の持続時間に対する衛生管理の効果を調べることができ、また、試験のクラスターの数が少ないという制限を解消することができます。さらに、対照群と介入群の両方を含む調査地域の全世帯が登録されている「衛生マップ」を通じて、プロジェクトがモニターされる。情報の偏りや礼儀の偏りを避けるために、家庭訪問時にトイレの写真を撮影し、監督者が写真に基づいて設備の整ったトイレの利用状況を判断する。これにより、以前の研究の主な制限事項であったリコールバイアスや下痢の過少または過大評価の可能性が減少する。

DISCUSSION: Material subsidies will be provided only to the households who complete pit digging plus superstructure and roof construction, regardless of their income level. This study employs a Sanitation Calendar so that the mother of each household can record the diarrheal episodes of her under-four child on a daily basis. The diary enables examination of the effect of the sanitation intervention on diarrhea duration and also resolves the limitation of the small number of clusters in the trial. In addition, the project will be monitored through the 'Sanitation Map', on which all households in the study area, including both the control and intervention arms, are registered. To avoid information bias or courtesy bias, photos will be taken of the latrine during the household visit, and a supervisor will determine well-equipped latrine uptake based on the photos. This reduces the possibility of recall bias and under- or over-estimation of diarrhea, which was the main limitation of previous studies.

トライアル登録:

本研究は、キンシャサ大学公衆衛生学部の機関審査委員会(ESP/CE/040/15; 2015年4月13日)により承認され、2015年3月13日に国際標準無作為化対照試験(ISRCTN: 10,419,317)として登録されました。

TRIAL REGISTRATION: The study was approved by the Institutional Review Board of the School of Public Health, Kinshasa University (ESP/CE/040/15; April 13, 2015) and registered as an International Standard Randomized Controlled Trial (ISRCTN: 10,419,317) on March 13, 2015.