国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

単冠インプラントを固定基準マーカーとして用いた矯正治療後の上顎中切歯の位置変化について | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Clin Oral Implants Res.2017 Dec;28(12):1560-1566.

単冠インプラントを固定基準マーカーとして用いた矯正治療後の上顎中切歯の位置変化について

Positional changes of maxillary central incisors following orthodontic treatment using single-crown implants as fixed reference markers.

PMID: 28626865

抄録

目的:

本研究は、(1)インプラント埋入前の矯正治療を受けた患者と受けていない患者の中切歯の歯の移動量を比較し、(2)性別、年齢、矯正保持の有無が単冠インプラント埋入後の歯の移動量に影響を及ぼすかどうかを検討することを目的とする。

OBJECTIVES: This follow-up study (1) compares tooth displacement of central incisors in patients with and without pre-implant orthodontic treatment and (2) investigates whether sex, age, or orthodontic retention have an effect on tooth displacement after the insertion of single-crown implants.

材料と方法:

インプラント矯正治療を受けた37名(テスト群)と受けていない20名(コントロール群)の57名の患者に、上顎に89本の単冠インプラントを埋入し、リハビリテーションを行った。臨床データ,X線写真,臨床写真,および歯型を,補綴後のベースライン検査と5年以上経過した最終フォローアップ検査時に収集した.中切歯の位置の変化を測定するために,合計114個の歯型をデジタル化し,ソフトウェアプログラムを用いて位置合わせを行った.

MATERIALS AND METHODS: Fifty-seven patients - thirty-seven with (test group) and twenty without pre-implant orthodontic treatment (control group) - were rehabilitated with 89 single-crown implants in the upper maxilla. Clinical and radiographic data, clinical photographs, and dental casts were collected during baseline examinations after prosthetic rehabilitation and at the final follow-up examination at least 5 years later. A total of 114 dental casts were digitalized and aligned using a software program to measure changes in the positions of the central incisors.

結果:

少なくとも5年間の追跡調査の結果,中切歯の測定値の87%が垂直方向に0.25mm以上変位していたのに対し,対照群では70%であった.また、水平方向に0.25mm以上移動した歯は、対照群の55%に対し、試験群では78%であった。これらの差は有意ではなく、患者の年齢や性別との間にも有意な相関関係は見られなかった。

RESULTS: After a follow-up period of at least five years, 87% of the central incisors measured in the test group were displaced >0.25 mm vertically compared with 70% in the control group. Seventy-eight percent of the test group teeth had moved >0.25 mm horizontally compared with 55% in the control group. These differences were not significant, and there were no significant correlations with patient age or sex.

結論:

中切歯の垂直方向(60%)または水平方向(67%)の歯の移動(0.25~0.75mm)は,最低5年間の追跡調査の後,大多数の患者に軽度のものが認められた.本研究では、インプラント前の矯正治療を受けた患者と受けていない患者を比較しても、歯の移動量に有意な差は見られなかった。また、性別、年齢、歯列矯正の有無、インプラント埋入位置による歯の移動量への有意な影響は認められませんでした。

CONCLUSION: The majority of patients had minor vertical (60%) or horizontal (67%) tooth displacement of the central incisors (0.25-0.75 mm) after a minimum follow-up period of 5 years. This study found no significant differences in tooth displacement comparing patients with and without pre-implant orthodontic treatment. No significant effect of sex, age, orthodontic retention, or implant location was observed on tooth displacement.