会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

非金属クラスプ義歯用ガラス繊維強化ポリプロピレンの色安定性 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Prosthodont Res.2018 Jan;62(1):31-34. S1883-1958(17)30051-8. doi: 10.1016/j.jpor.2017.05.007.Epub 2017-07-04.

非金属クラスプ義歯用ガラス繊維強化ポリプロピレンの色安定性

Color stability of glass-fiber-reinforced polypropylene for non-metal clasp dentures.

  • Manamu Nagakura
  • Yasuhiro Tanimoto
  • Norihiro Nishiyama
PMID: 28625665 DOI: 10.1016/j.jpor.2017.05.007.

抄録

目的:

この研究の目的は、非金属クラスプ義歯(NMCD)用のガラス繊維強化熱可塑性樹脂(GFRTP)の色安定性を調べることであった。

PURPOSE: The purpose of this study was to investigate the color stability of a glass-fiber-reinforced thermoplastic (GFRTP), for use in non-metal clasp dentures (NMCDs).

方法:

Eガラス繊維と顔料を2質量%含有するポリプロピレンからなるGFRTPを射出成形により作製した。GFRTPの最適な繊維含有量についての先行研究に基づき、繊維含有量0、10、20質量%のGFRTP(GF0、GF10、GF20)を作製した。コントロールとして市販のNMCDとPMMAを用いた。コーヒーを37℃で24時間、1、2、4週間浸漬したときのGFRTPの色の変化を、国際電気通信委員会(CIE)のラボシステムを使用して、比色法で測定した。GFRTPの色安定性は、色差(ΔE)と国家標準局(NBS)の2つの単位で評価した。

METHODS: GFRTPs composed of E-glass fibers and polypropylene with 2 mass% of pigments were fabricated using injection molding. According to our previous study on the optimum fiber content for GFRTPs, we prepared GFRTPs with fiber contents of 0, 10, and 20 mass% (GF0, GF10, and GF20). Commercially available NMCD and PMMA materials were used as controls. The color changes of GFRTPs at 24h, and at 1, 2, and 4 weeks of coffee immersion at 37°C were measured by colorimetry, using the Commission Internationale de l'Eclairage (CIE) Lab system. The color stabilities of the GFRTPs were evaluated in two units: the color difference (ΔE) and National Bureau of Standards (NBS) units.

結果:

浸漬後、GFRTPのどれも目に見える色の変化を示しませんでした。CIE Labシステムを用いた比色測定から、GFRTPのΔE値は0.65-2.45であった。GFRTPのNBS値は0.60-2.25であり、すべて3.0の閾値レベルよりも低く、臨床的に許容できる色変化を示した。一方、利用可能なポリアミドベースのNMCD材料は、NBS単位で測定されるように、"評価できる"色変化を示した。

RESULTS: After immersion, none of the GFRTPs showed visible color change. From the colorimetry measurement using the CIE Lab system, the ΔE values of the GFRTPs were 0.65-2.45. The NBS values of the GFRTPs were 0.60-2.25, all lower than the threshold level of 3.0, demonstrating clinically acceptable color changes. On the other hand, an available polyamide-based NMCD material exhibited "appreciable" color change, as measured in NBS units.

結論:

その結果、GFRTPは臨床的に許容される色調安定性を示し、臨床的にも満足のいく使用が可能である可能性があることが示された。したがって、GFRTPは審美義歯のための魅力的な材料となることが期待される。

CONCLUSIONS: The results indicate that the GFRTPs showed clinically acceptable color stability and might be satisfactory for clinical use. Therefore, GFRTPs are expected to become attractive materials for esthetic dentures.

Copyright © 2017 Japan Prosthodontic Society. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.