会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

アリピプラゾールの代謝に対するオクスカルバゼピン誘導効果の可能性。症例報告 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Pharm Pract.2018 Jun;31(3):361-363. doi: 10.1177/0897190017710523.Epub 2017-05-24.

アリピプラゾールの代謝に対するオクスカルバゼピン誘導効果の可能性。症例報告

Possible Oxcarbazepine Inductive Effects on Aripiprazole Metabolism: A Case Report.

  • Ian R McGrane
  • Joshua G Loveland
  • Jose de Leon
PMID: 28539103 DOI: 10.1177/0897190017710523.

抄録

オクスカルバゼピンはチトクロームP450(CYP)3A4誘導薬であり、構造的にはカルバマゼピンに類似している。食品医薬品局の承認を得ていないが、オクスカルバゼピンは、自閉症スペクトラム障害(ASD)の若者の攻撃的行動の治療に処方されることがある。これらの青少年は第二世代の抗精神病薬を服用している可能性もあり、その中にはCYP3A4代謝経路の基質となるものもある。これらの薬物の併用により、血清中の抗精神病薬濃度が低下し、効果が低下する可能性がある。オクスカルバゼピンのCYP3A4誘導による二次的な非定型抗精神病薬濃度の低下についての報告は限られている。我々は、オクスカルバゼピン(1200mg/d)を服用している少年が、予期せぬ低血清アリピプラゾール濃度を呈したことを報告している。治療薬モニタリング、薬理遺伝学的検査、および薬物-薬物相互作用を評価するツールを用いて、オクスカルバゼピンが彼の血清アリピプラゾール濃度を68%低下させた可能性があると推定した。この報告は、オクスカルバゼピンとアリピプラゾールとの薬物-薬物相互作用を記述した初めての報告であり、重要である。この報告は、非定型抗精神病薬(カリプラジン、ルラシドン、クエチアピン、アリピプラゾール、brexpiprazole、iloperidone、リスペリドンを含む)に対するoxcarbazepineのCYP3A4代謝経路の誘導を介した誘導効果の可能性を記述したin vitro試験および臨床試験の完了と症例報告の発表を奨励するものである。

Oxcarbazepine is a cytochrome P450 (CYP) 3A4 inducer, which is structurally similar to carbamazepine. Although lacking Food and Drug Administration approval, oxcarbazepine is sometimes prescribed to treat aggressive behavior in youth with autism spectrum disorder (ASD). These youths may also be taking second-generation antipsychotics, some of which are substrates of the CYP3A4 metabolic pathway. The combination of these medications may result in decreased serum antipsychotic concentrations, potentially reducing effectiveness. A limited number of reports are available which discuss reduced atypical antipsychotic concentrations secondary to oxcarbazepine CYP3A4 induction. We report a young boy taking oxcarbazepine (1200 mg/d) who presented with an unexpectedly low serum aripiprazole concentration. Utilizing therapeutic drug monitoring, pharmacogenetic testing, and a tool to evaluate drug-drug interactions, we estimate that oxcarbazepine possibly reduced his serum aripiprazole concentration by 68%. Our report is important, as it is the first to describe a drug-drug interaction between oxcarbazepine and aripiprazole. This report should encourage the completion of in vitro and clinical studies and the publication of case reports describing the possible inductive effects of oxcarbazepine on atypical antipsychotics (including cariprazine, lurasidone, quetiapine, aripiprazole, brexpiprazole, iloperidone, and risperidone) mediated by induction of the CYP3A4 metabolic pathway.