国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

組織を置換するための置換用コード、塩化アルミニウムペースト、ペーストとコードの併用を比較した多施設共同無作為化対照臨床試験 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Prosthet Dent.2018 Jan;119(1):82-88.

組織を置換するための置換用コード、塩化アルミニウムペースト、ペーストとコードの併用を比較した多施設共同無作為化対照臨床試験

A multicenter randomized, controlled clinical trial comparing the use of displacement cords, an aluminum chloride paste, and a combination of paste and cords for tissue displacement.

PMID: 28478985

抄録

問題の提起:

固定性補綴物の印象採得のために軟組織を変位させた後の歯肉退縮は,口腔内の審美領域における治療の成功にとって問題となることがある.一般的な歯肉変位法の軟組織反応についての知識は限られている。

STATEMENT OF PROBLEM: Gingival recession after soft tissue displacement for impression making in fixed prosthodontics may pose a problem for treatment success in the esthetic areas of the mouth. Knowledge about the soft tissue reaction of common gingival displacement methods is limited.

目的:

この臨床的無作為化比較試験(RCT)の目的は、天然歯の決定的な印象を作るための3つの異なる歯肉組織変位法による辺縁軟組織の高さの変化を評価することである。

PURPOSE: The purpose of this clinical randomized controlled trial (RCT) was to evaluate changes in the marginal soft tissue height with 3 different gingival tissue displacement techniques for definitive impression making of natural teeth.

材料と方法:

合計67名を3つのグループに無作為に割り付けた。試験群1(P;n=22)では、塩化アルミニウムペーストのみを用いて歯肉を変位させた。試験群2(CP; n=23)では、コードを挿入し、塩化アルミニウムペーストも使用した。対照群(C; n=22)では、2本のコードを用いて歯肉を変位させた(ダブルコード・テクニック)。歯肉の位置の臨床的な測定は、治療開始前と、補綴物装着後30±10日目に行った。治療の異なる段階でスタディ・キャストを作製し、標準的な写真を作成し、グラフィック編集ソフトを用いて頬側の歯肉の位置の変化を測定した。さらに,参加者の臨床手技に対する認識と,技工士による型取りの評価も記録した。一元配置のANOVAモデルを適用して,各グループ間の反応変数を比較した。(a)歯肉縁の位置(ミリメートル),(b)プロービングポケットの平均深さ(ミリメートル),(c)歯肉の厚さ(ミリメートル),(d)角質化した組織の量(ミリメートル),(e)歯肉縁の高さの平均変化(ミリメートル)。また、グループ間の平均値の比較には、不対t検定を用いた。異なるカテゴリー間の比較には,カイ二乗検定を行った(すべての検定でα=.05)。

MATERIAL AND METHODS: A total of 67 individuals were randomized to 3 groups. In test group 1 (P; n=22), only aluminum chloride paste was used to displace the gingiva. In test group 2 (CP; n=23), a cord was inserted, and aluminum chloride paste was also used. In the control group (C; n=22), 2 cords were used to displace the gingiva (double-cord technique). Clinical measurements of the gingival position were made before treatment began and at 30 ±10 days after prosthesis delivery. Study casts were fabricated at different stages of the treatment, standardized photographs were made, and changes in the buccal gingival position were measured using graphics editing software. In addition, the participants' perception of the clinical procedure and the technicians' evaluation of the die preparation were recorded. One-way ANOVA models were applied to compare the response variables among the groups: (a) the position of the gingival margin (millimeters), (b) mean probing pocket depth (millimeters), (c) gingival thickness (millimeters), (d) amount of keratinized tissue (millimeters), and (e) mean changes in gingival margin height (millimeters). Unpaired t tests were also used to compare the mean values between groups. For comparisons between different categories, chi-square tests were performed (α=.05 for all tests).

結果:

印象から出産までの期間に、Pでは0.058mm(±0.13SD)、CPでは0.013mm(±1.19SD)の歯肉の高さのわずかな増加が見られた。しかし,C群では0.049mm(±0.13SD)の軽微な歯肉退縮が報告された。全群の結果を見ると,21%の支台歯で歯肉高さが0.1mm以上増加し,58%は歯肉高さが安定(0±0.10mm)し,21%は軽微な歯肉退縮(0.1~0.5mm)を示し,中等度または重度の歯肉退縮(>0.5mm)を示した支台歯はなかった。軽度の歯肉退縮の発生率は,P群で8%,CP群で23%,C群で32%であった(P=.015)。15名(24%)が術後に何らかの違和感を感じた。各群間の差は有意ではなかった(P>.05)。検査技師は、P群(visual analog scale [VAS]、79)とCP群(VAS、82)では、C群(平均VAS、93;P=.003)に比べて、最終的なダイの準備が有意に困難であると感じた。

RESULTS: In the period between impression and delivery, a minor gain in gingival height of 0.058 mm (±0.13 SD) for P and 0.013 mm (±1.19 SD) for CP. However, a minor gingival recession of 0.049 mm (±0.13 SD) was reported for group C. The results for all groups showed that 21% of abutment teeth gained >0.1 mm in gingival height, 58% had stable gingival height (0 ±0.10 mm), 21% showed minor gingival recession (0.1 to 0.5 mm), and no abutment teeth showed moderate or severe gingival recession (>0.5 mm). The incidence of minor gingival recession was 8% in group P, 23% in group CP, and 32% in group C (P=.015). Fifteen participants (24%) experienced some discomfort after the procedure. The differences between the groups were not significant (P>.05). The laboratory technicians found the definitive die preparation significantly more challenging for group P (visual analog scale [VAS], 79) and CP (VAS, 82) than group C (mean VAS, 93; P=.003).

結論:

軽度または中等度の歯肉退縮(1mm未満)は,印象採得時に従来型のコードを使用した場合に起こりやすいと考えられる。しかし,ラボラトリー・テクニシャンは,ペースト・ディスプレイスメント・テクニックを用いて印象を作成した場合よりも,ダブルコード・テクニックを用いた場合の方が,ダイ・プレパレーションの難易度が著しく低いと感じた。

CONCLUSIONS: Minor or moderate gingival recession (<1 mm) is more likely to occur when conventional cords are used during impression making. However, the laboratory technicians found the die preparation significantly less challenging when the double-cord technique was used than when impressions were made using the paste displacement technique.