国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

Tリンパ球増殖におけるプロテインキナーゼCの役割。プロテインキナーゼC依存性経路と非依存性経路の存在 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Biol. Chem..1988 Nov;263(33):17467-70.

Tリンパ球増殖におけるプロテインキナーゼCの役割。プロテインキナーゼC依存性経路と非依存性経路の存在

The role of protein kinase C in T lymphocyte proliferation. Existence of protein kinase C-dependent and -independent pathways.

  • J M Redondo
  • A López-Rivas
  • V Vila
  • E J Cragoe
  • M Fresno
PMID: 2846566

抄録

マウス細胞傷害性T細胞クローン(CTLL-2)は、トランスフェリン、2-メルカプトエタノール、および組換えインターロイキン2(IL-2)のみを補充した培地の存在下で増殖することができた。このリンパホカインは、これらの細胞におけるDNAの合成を刺激した。同様に、プロテインキナーゼCを活性化するホルボルエステルは、このクローンにおいてDNA合成を誘導した。さらに、この後の増殖は、IL-2誘導増殖を阻害する抗IL-2受容体抗体によって阻害されず、このことは、細胞によるIL-2の分泌に間接的に起因するものではないことを示唆している。高用量のフォルボルエステルで48時間前処理したCTLL-2細胞は、プロテインキナーゼCをダウンレギュレートし、この酵素を枯渇させた。これは以下の方法で示された。1)プロテインキナーゼCの精製とin vitroアッセイ、2)プロテインキナーゼCの活性化に直接リンクされているNa+/H+抗ポーターの刺激におけるホルボル酸エステルの効果の欠如、予想通り、プロテインキナーゼC枯渇細胞は、もはやDNAを合成せず、ホルボル酸エステルに応答して増殖した。しかし、IL-2に反応した細胞はコントロール細胞と同じように増殖した。したがって、我々の結果は、T細胞の増殖には、プロテインキナーゼCが関与する経路と関与しない経路の2つの異なる経路があることを示唆している。

The mouse cytotoxic T cell clone (CTLL-2) was able to grow in the presence of culture medium supplemented only with transferrin, 2-mercaptoethanol, and recombinant interleukin 2 (IL-2). This lymphokine stimulated the synthesis of DNA in these cells. Similarly, phorbol esters, which activate protein kinase C, induced DNA synthesis in this clone. Furthermore, this later proliferation was not blocked by anti-IL-2 receptor antibodies, which inhibited IL-2-induced proliferation, suggesting that it was not indirectly due to the secretion of IL-2 by the cells. CTLL-2 cells pretreated with high doses of phorbol esters for 48 h down regulated protein kinase C and were depleted of this enzyme. This was shown by: 1) purification and in vitro assay of protein kinase C; 2) the lack of effect of phorbol esters in the stimulation of the Na+/H+ anti-porter which has been directly linked to the activation of protein kinase C. As expected, those protein kinase C-depleted cells no longer synthesized DNA and proliferated in response to phorbol esters. However, they proliferated identically to control cells in response to IL-2. Therefore, our results suggest two different pathways for T cell proliferation, one which involves protein kinase C and the other which does not.