国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

コードを付けるか付けないか?それは未だに疑問である | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Evid Based Dent.2017 03;18(1):21-22.

コードを付けるか付けないか?それは未だに疑問である

To cord or not to cord? That is still a question.

PMID: 28338036

抄録

データソース類似したキーワードを用いた広範なコンピュータ検索を、以下のような様々なデータベースで行った。Ovid Medline, Thomson's ISI Web of Science, PubMed, Science Direct, EMBASE, the Cochrane Library。また,灰色文献,学位論文,抄録,学位論文も検索しました。研究の選択対象としたのは、コードを使用した場合と使用しない場合の歯肉退縮法を用いたin vivo無作為化臨床試験および準無作為化臨床試験である。研究は、レビューの主要アウトカムである止血コントロールの効率性、歯肉変位量、歯肉/歯周組織の健康に対するテクニックの影響を検討したものを対象とした。レビューで認められた二次的な結果には、痛み、感度、不快な味、不快感など患者が報告した主観的な要因や、両手技に対するオペレーターの経験などが含まれます。英語以外の論文,臨床報告,動物実験,in vitro研究は除外した。データの抽出と統合2名の著者が独立して論文の検索とスクリーニングを行った。意見の相違は議論で解決した。3人目の査読者が研究の適格性を検討した。Cochrane Collaborationツールを用いてバイアスのリスクを評価した。研究間の測定変数の不均一性と研究間の差異のため,メタ分析は行わなかった.結果1,342件の論文を検索した結果,19件の関連する可能性のあるフルテキストの論文がレビューの対象となった。7件の研究がシステマティックレビューに選ばれました。4件の無作為化臨床試験が含まれていた。サンプルサイズは1つの研究につき8~252人であった。5つの研究は、準備された歯に間接的な固定式修復物を必要とする患者に対して行われた。2つの研究は準備されていない歯で行われた。すべての研究において、参加者は健康であり、健全な歯肉状態と健全な歯周状態を有していた。 結論どちらのテクニックも歯肉退縮を達成する上で信頼できるものである。歯肉退縮用ペーストは、より効果的にドライフィールドを達成するのに役立ち、同時に軟組織への損傷が少ないという観察を支持するが、歯肉組織を変位させる能力は、退縮用コードと比較して、妥協していた。材料費や術者の好みを考慮するのではなく、臨床効率を最大化するために適切な技術を選択するには、科学的根拠に基づくべきである。含浸させた歯肉コードは厚い歯肉組織に効果的であり、ペーストは止血コントロール、歯肉の保存、組織の変位を少なくするために最小限のリトラクションを必要とする場合に効果的であると思われる。

Data sourcesA broad computerised search with similar key terms was performed in different databases that included: Ovid Medline, Thomson's ISI Web of Science, PubMed, Science Direct, EMBASE and the Cochrane Library. Grey literature, dissertations, abstracts and theses were searched too. Reference lists of the selected articles were hand-searched.Study selectionThe inclusion criteria included in vivo randomised clinical trials and quasi-randomised clinical trials using gingival retraction techniques with and without cord. Studies were included if they examined the primary outcome from the review: efficiency of haemostasis control, the amount of gingival displacement and the influence of the techniques on gingival/periodontal health. Secondary outcomes accepted for the review included subjective factors reported by the patient such as pain, sensitivity, unpleasant taste and discomfort and operator's experience with both techniques. Non-English papers, clinical reports, animals studies or in vitro studies were excluded.Data extraction and synthesisTwo authors independently searched and screened the articles. Disagreements were resolved by discussion. A third reviewer participated in the eligibility of the studies. The risk of bias was assessed using the Cochrane Collaboration tool. Due to the heterogeneity of measurement variables across the studies and the differences among the studies, a meta-analysis was not performed. A narrative assessment was performed for the outcomes: moisture/bleeding control, gingival displacement, gingival/periodontal health and the subjective outcomes.ResultsFrom the initial search that retrieved 1,342 articles, 19 potential relevant full-text articles were considered for the review. Seven studies were selected for the systematic review. Four randomised clinical trials were included. Sample size ranged from eight to 252 participants per study. Five studies were conducted on patients requiring any indirect fixed restorations on prepared teeth. Two studies were done on unprepared teeth. In all studies, participants were in good health, had a healthy gingival condition and a sound periodontal status.ConclusionsBoth techniques are reliable in achieving gingival retraction. The review supports the observation that gingival retraction paste can more effectively help to achieve a dry field and at the same time be less injurious to soft tissues, however its ability to displace gingival tissues, compared to retraction cord, was compromising. Rather than considering the cost of material or the individual preference of the operator, choosing the right technique to maximise clinical efficiency should be based on scientific evidence. It seems that impregnated gingival cords are more effective on thick gingival tissue whereas paste is more effective when minimal retraction is required for haemostasis control, preservation of the gingiva and less tissue displacement.