国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

介護施設入所者の口腔ケアの充実と健康状態の改善。日本の長期介護データベースを用いた分析 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Am Med Dir Assoc.2017 Mar;18(3):277.e1-277.e5.

介護施設入所者の口腔ケアの充実と健康状態の改善。日本の長期介護データベースを用いた分析

Enhanced Oral Care and Health Outcomes Among Nursing Facility Residents: Analysis Using the National Long-Term Care Database in Japan.

PMID: 28082034

抄録

背景と目的:

口腔ケアは体の弱い高齢者にとって有益な効果をもたらす可能性があるが、介護施設では歯科医療へのアクセスが制限されることが多い。2009年、日本の介護保険制度では、介護施設において歯科医師が監修した口腔ケアを強化するための診療報酬加算制度が導入された。本研究の目的は、研修を受けた介護施設スタッフによる口腔ケアの強化が、介護施設入居者の健康状態の改善に十分であるかどうかを検討することである。

BACKGROUND AND OBJECTIVE: Although oral care may have salutary effects among frail elderly people, access to dental care is often limited in long-term care facilities. In 2009, the Japanese long-term care insurance system introduced an additional reimbursement scheme for enhanced oral care supervised by dentists in nursing facilities. The aim of this study was to examine whether enhanced oral care provided by trained nursing facility staff members is sufficient to improve health outcomes among nursing facility residents.

デザイン、設定、および参加者:

本研究は、全国規模の長期介護データベースを用いた準実験的研究である。施設レベルの傾向スコアマッチングを用いて,2009 年から 2012 年にかけて,強化された口腔ケアを提供した 742 施設の 170,874 人の居住者と,標準的なケアのみを提供した 742 の対照施設の 167,546 人の居住者を特定した.介護施設の入居者の健康アウトカムに対する強化された口腔ケアの影響を分析するために、入居者レベルの差の差分法を用いた。

DESIGN, SETTING, AND PARTICIPANTS: This was a quasi-experimental study using a nationwide long-term care database. Using facility-level propensity score matching, we identified 170,874 residents in 742 facilities that provided enhanced oral care and 167,546 residents in 742 control facilities that provided only standard care from 2009 to 2012. We used a resident-level difference-in-differences approach to analyze the impact of enhanced oral care on health outcomes among nursing facility residents.

結果:

入所者の特性と背景の時間的傾向をコントロールした後、口腔ケアを強化した施設と強化していない施設に入所した入所者の間には、重篤な疾患の発生率、病院への転院、死亡率、費用のいずれにおいても有意な差は認められなかった。自宅への退院のオッズの年次変化は、口腔ケアを強化した入居者で有意に増加した(オッズ比1.07、95%信頼区間:1.02-1.12、P=.008)。

RESULTS: After controlling for resident characteristics and background time trends, no significant differences were found between residents admitted to the facilities with and without enhanced oral care in the incidence of critical illness, transfer to a hospital, mortality, or costs. Yearly change in the odds of discharge to home was significantly increased for residents with enhanced oral care (odds ratio = 1.07; 95% confidence interval: 1.02-1.12; P = .008).

結論:

この結果は、訓練を受けた介護施設のスタッフが提供する充実した口腔ケアが、介護施設に入所している高齢者の全身状態を改善し、自宅への退院を促進する可能性を示唆するものである。

CONCLUSION: The results suggest that enhanced oral care provided by trained nursing facility staff members may improve the general condition of elderly residents in nursing facilities and promote their discharge to home.