会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

がん治療における標的としての一過性受容体ポテンシャルカノニカル4および5タンパク質 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Eur. Biophys. J..2016 Oct;45(7):611-620. 10.1007/s00249-016-1142-1. doi: 10.1007/s00249-016-1142-1.Epub 2016-06-11.

がん治療における標的としての一過性受容体ポテンシャルカノニカル4および5タンパク質

Transient receptor potential canonical 4 and 5 proteins as targets in cancer therapeutics.

  • Hannah J Gaunt
  • Naveen S Vasudev
  • David J Beech
PMID: 27289383 PMCID: PMC5045487. DOI: 10.1007/s00249-016-1142-1.

抄録

癌治療のための新しいアプローチが急務である。がん細胞を含む多くの細胞型においてCaが重要な役割を果たしていることから、Caの進入を媒介するイオンチャネルを標的とすることが一つのアプローチとなるかもしれない。これらのイオンチャネルにはいくつかのタイプがありますが、ここでは一過性受容体ポテンシャルカノニカル(TRPC)タンパク質の集合体によって形成されるイオンチャネル、特にファミリーの中でも特に近縁の2つのメンバーが関与しているイオンチャネルを取り上げます。TRPC4とTRPC5である。最近の研究では、薬剤耐性、細胞外小胞を介した薬剤耐性の伝達、腫瘍の血管新生、TRPC4/5チャネル活性化因子(-)-englerinAによる誘発がん細胞死など、がんの重要な側面での役割が指摘されているため、これらのタンパク質に焦点を当てています。これらのタンパク質が抗がん細胞薬の創薬プログラムの強力なターゲットとして考えられるようになるまでには、さらなる研究が正当化され、必要であると結論づけている。それにもかかわらず、これらのチャネルの阻害剤が重大な副作用を引き起こす可能性は低く、むしろ、生来の恐怖、内臓の痛み、病的な心臓のリモデリングの抑制など、癌や化学療法の文脈で有益な他の効果をもたらす可能性があることがすでに明らかになっている。

Novel approaches towards cancer therapy are urgently needed. One approach might be to target ion channels mediating Ca entry because of the critical roles played by Ca in many cell types, including cancer cells. There are several types of these ion channels, but here we address those formed by assembly of transient receptor potential canonical (TRPC) proteins, particularly those which involve two closely related members of the family: TRPC4 and TRPC5. We focus on these proteins because recent studies point to roles in important aspects of cancer: drug resistance, transmission of drug resistance through extracellular vesicles, tumour vascularisation, and evoked cancer cell death by the TRPC4/5 channel activator (-)-englerin A. We conclude that further research is both justified and necessary before these proteins can be considered as strong targets for anti-cancer cell drug discovery programmes. It is nevertheless already apparent that inhibitors of the channels would be unlikely to cause significant adverse effects, but, rather, have other effects which may be beneficial in the context of cancer and chemotherapy, potentially including suppression of innate fear, visceral pain and pathological cardiac remodelling.