会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

超音波スケーリング時の健康被害であるエアロゾル臨床微生物学的研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Indian J Dent Res.2016 Mar-Apr;27(2):160-2. IndianJDentRes_2016_27_2_160_183131. doi: 10.4103/0970-9290.183131.

超音波スケーリング時の健康被害であるエアロゾル臨床微生物学的研究

Aerosol, a health hazard during ultrasonic scaling: A clinico-microbiological study.

  • Akanksha Singh
  • R G Shiva Manjunath
  • Deepak Singla
  • Hirak S Bhattacharya
  • Arijit Sarkar
  • Neeraj Chandra
PMID: 27237206 DOI: 10.4103/0970-9290.183131.

抄録

文部科学省:

超音波スケーリングは、歯の表面から歯垢や微積分を除去するために日常的に使用される治療法です。これらのスケーラーは冷却剤として水を使用しており、先端の振動で飛散します。患者の唾液や歯垢と混合して飛散した飛沫は、感染性の高いエアロゾルを発生させ、病気の伝播の主要な危険因子として作用します。必要な保護をしているにもかかわらず、飛散物の感染性のために操作者が感染することがあります。

CONTEXT: Ultrasonic scaling is a routinely used treatment to remove plaque and calculus from tooth surfaces. These scalers use water as a coolant which is splattered during the vibration of the tip. The splatter when mixed with saliva and plaque of the patients causes the aerosol highly infectious and acts as a major risk factor for transmission of the disease. In spite of necessary protection, sometimes, the operator might get infected because of the infectious nature of the splatter.

エイム:

超音波スケーリング時に発生するエアロゾル汚染を微生物学的分析の助けを借りて評価する。

AIM: To evaluate the aerosol contamination produced during ultrasonic scaling by the help of microbiological analysis.

材料と方法:

この臨床微生物学的研究は20名の患者を対象とした。1枚目の寒天プレートは治療の20分前に手術室の中央に、2枚目の寒天プレートは治療中に患者の胸部から40cm離れた場所に保管した。両方の寒天プレートは、微生物学的分析のために送られた。

MATERIALS AND METHODS: This clinico-microbiological study consisted of twenty patients. Two agar plates were used for each patient; the first was kept at the center of the operatory room 20 min before the treatment while the second agar plate was kept 40 cm away from the patient's chest during the treatment. Both the agar plates were sent for microbiological analysis.

統計解析:

統計解析は、STATA 11.0(StataCorp. 2013.Stata Statistical Software, Release 13.カレッジステーション、テキサス州。StataCorp LP, 4905 Lakeway Drive College Station, Texas, USA)。)データ分析には統計ソフトウェアを使用し、P < 0.001は統計的に有意であると考えられた。

STATISTICAL ANALYSIS: The statistical analysis was done with the help of STATA 11.0 (StataCorp. 2013. Stata Statistical Software, Release 13. College Station, TX: StataCorp LP, 4905 Lakeway Drive College Station, Texas, USA). Statistical software was used for data analysis and the P < 0.001 was considered to be statistically significant.

結果:

細菌数の結果は、治療前と治療中を比較すると非常に有意であった。グラム染色では、StaphylococcusとStreptococcus種が高値で存在していた。

RESULTS: The results for bacterial count were highly significant when compared before and during the treatment. The Gram staining showed the presence of Staphylococcus and Streptococcus species in high numbers.

結論:

歯科処置中に発生するエアロゾルやスプラッタは、歯科医院の職員に感染を広げる可能性がある。したがって、オペレータへの感染のリスクを最小限に抑えるために、適切な予防措置を講じる必要があります。

CONCLUSIONS: The aerosols and splatters produced during dental procedures have the potential to spread infection to dental personnel. Therefore, proper precautions should be taken to minimize the risk of infection to the operator.