国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

抗吸収剤(骨標的)を超えた顎骨壊死:腫瘍学の新しい地平線 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Expert Opin Drug Saf.2016 Jul;15(7):925-35.

抗吸収剤(骨標的)を超えた顎骨壊死:腫瘍学の新しい地平線

Osteonecrosis of jaw beyond antiresorptive (bone-targeted) agents: new horizons in oncology.

PMID: 27074901

抄録

序論:

顎骨壊死(ONJ)は、臨床的に重要で、痛みや衰弱を伴う可能性があり、がん患者のQOL(生活の質)に影響を与える疾患です。2003年以降、Bisphosphonate(BP)関連のクラスエフェクトとしてONJが登場し、Bisphosphonate-Related Osteonecrosis of the Jaw(BRONJ)という言葉が広まっています。

INTRODUCTION: Osteonecrosis of the jaw (ONJ) is a clinically important, potentially painful and debilitating condition, which can affect the quality of life of cancer patients. Since 2003, ONJ appeared as a Bisphosphonate(BP)-related class effect, and the term Bisphosphonate-Related Osteonecrosis of the Jaw (BRONJ) was widespread.

対象となる領域:

本レビューでは、血管新生阻害剤などの「標的療法」を含む治療後に、BPの有無にかかわらず、ONJ症例が報告されていることを取り上げています。そのため、Medication-Related Osteonecrosis of the Jaw (MRONJ)という包括的な用語が導入されている。これらの新薬に関連するONJの臨床的側面や予後については、まだあまり報告されていませんが、その薬理作用に基づいて、よく知られているBRONJとは異なる可能性があると考えられます。したがって、BRONJに広く用いられている推奨事項をこれらの新しいタイプのONJにも適用すべきであるが、個々のリスク評価を考慮した上で慎重に適用すべきである。

AREAS COVERED: Under discussion in this review is the fact that ONJ cases have been reported after treatment including antiangiogenic agents and other "targeted therapy", with and without BPs. Consequently, the comprehensive term Medication-Related Osteonecrosis of the Jaw (MRONJ) has been introduced. The clinical aspects and the prognosis of ONJ associated with these new drugs are still less reported, but basing on their pharmacodynamics, they could be different from the well-known BRONJ. Accordingly, recommendations largely in use for BRONJ should be extended to these new forms, but critically applied and with respect to the individual risk assessment.

専門家の見解:

ONJは、認知度の低さ、診断基準の厳格さや不完全さから、過小評価される危険性が高い。同時に、今回紹介した新規の非吸収性薬剤に関連したONJについては、診断、予防、治療において、特徴的な症状の定義を改善する必要性が高いことがわかった。

EXPERT OPINION: There is a high risk of underdiagnoses for ONJ due to a lack of awareness, and too much restrictive or incomplete diagnostic criteria; at the same time, with regard to ONJ associated to the new non -antiresorptive agents, described here, we observe the strong need to improve the defining of any distinguished feature in their diagnosis, prevention and therapy.