国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

カメルーンのセンター地方バフィアの「沈黙の」睡眠病フォーカスにおけるツェツェツェバエのトリパノソーマ感染率 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Parasit Vectors.2015 Oct;8:528. 10.1186/s13071-015-1156-z. doi: 10.1186/s13071-015-1156-z.Epub 2015-10-12.

カメルーンのセンター地方バフィアの「沈黙の」睡眠病フォーカスにおけるツェツェツェバエのトリパノソーマ感染率

Trypanosome infection rates in tsetse flies in the "silent" sleeping sickness focus of Bafia in the Centre Region in Cameroon.

  • Gustave Simo
  • Pierre Fongho
  • Oumarou Farikou
  • Prosper Innocent Ndjeuto Ndjeuto-Tchouli
  • Judith Tchouomene-Labou
  • Flobert Njiokou
  • Tazoacha Asonganyi
PMID: 26458386 PMCID: PMC4603914. DOI: 10.1186/s13071-015-1156-z.

抄録

背景:

カメルーンのバフィア睡眠病焦点は、過去数十年の間に医学的調査が行われたにもかかわらず、約20年間症例報告がなく、「沈黙の病」と考えられています。この地域では、トリパノソーマの感染に寄与しうるすべての疫学的要因が存在しています。ヒトおよび動物性アフリカトリパノソーマの現在のリスクに関する知識を更新するために、バフィア焦点で捕獲されたツツェツェバエの中腸から異なるトリパノソーマ種を同定しました。

BACKGROUND: The Bafia sleeping sickness focus of Cameroon is considered as "silent" with no case reported for about 20 years despite medical surveys performed during the last decades. In this focus, all epidemiological factors that can contribute to trypanosomes transmission are present. To update our knowledge on the current risks of Human and Animal African trypanosomiases, different trypanosome species were identified in midguts of tsetse flies captured in the Bafia focus.

方法:

ツェツェバエはピラミッド型トラップを用いて捕獲した。各ツェツェバエを識別し、生きたハエを解剖して中腸を採取した。各中腸から DNA を抽出し、その後、分子ツールを用いて血液中の食事と異なるトリパノソーマの種を同定した。これらの生物学的データは、その分布を把握するために地図上に転送された。

METHODS: Tsetse flies were trapped using pyramidal traps. Each tsetse fly was identified and live flies were dissected and their midguts collected. DNA was extracted from each midgut and thereafter, blood meals and different trypanosome species were identified with molecular tools. The biological data were transported onto maps in order to have their distribution.

結果:

設置された98のトラップのうち461匹が捕獲され、322匹(69.8%)のツェツェバエが解剖され、49匹(15.2%)のテネルバエが確認された。1日あたりのツセツバエの平均見かけ密度は1.18であった。採取された35匹(10.9%)の血中食のうち、82%が豚で、17.6%がヒトであった。トリパノソーマ感染症は82(25.5%)が確認された。T. congolense サバンナ 56 件(17.4%)、T. congolense 森林 17 件(5.3%)、T. vivax 5 件(1.6%)、T. brucei s.l. 4 件(1.2%)のトリパノソーマ感染が確認された。感染は単一感染が67件(81.7%)、混合感染が15件(18.3%)で、3重感染(T. congolense forest, T. brucei, T. vivax)が1件、2重感染が14件であった。11T. congolense forestとT. congolense savannah、2つのT. congolense savannahとT. brucei、1つのT. bruceiとT. vivaxの二重感染であった。生成されたマップは、焦点全体のツェツェハエとトリパノソーマ感染症の分布を示している。

RESULTS: Of the 98 traps set up, 461 Glossina palpalis palpalis were captured; 322 (69.8 %) tsetse flies were dissected and 49 (15.2 %) teneral flies identified. The average apparent density of tsetse flies per day was 1.18. Of the 35 (10.9 %) blood meals collected, 82 % were taken on pigs and 17.6 % on humans. Eighty two (25.5 %) trypanosome infections were identified: 56 (17.4 %) T. congolense savannah, 17 (5.3 %) T. congolense forest, 5 (1.6 %) T. vivax and 4 (1.2 %) T. brucei s.l. No infection of T. simiae and T. b. gambiense was identified. Sixty seven (81.7 %) infections were single and 15 (18.3 %) mixed involving one triple infection (T. congolense forest, T. brucei and T. vivax) and 14 double infections: 11 T. congolense forest and T. congolense savannah, two T. congolense savannah and T. brucei, and one of T. brucei and T. vivax. The generated maps show the distribution of tsetse flies and trypanosome infections across the focus.

結論:

この研究は、動物性トリパノソーマがこの地域では依然として重要な問題であることを示しています。一方で、この地域ではHATは公衆衛生上の問題ではないと考えられます。生成されたマップは、AATの高リスク感染地域を定義することができ、動物の健康と動物性タンパク質の量を改善するために病気のコントロールが必要な場所を特定することができました。

CONCLUSION: This study has shown that animal trypanosomes remain an important problem in this region. Meanwhile, it is very likely that HAT does not seem anymore to be a public health problem in this focus. The generated maps enabled us to define high risk transmission areas for AAT, and where disease control must be focused in order to improve animal health as well as the quantity of animal proteins.