国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

歯槽骨内欠損における再生治療の臨床的コンセプト | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Periodontol 2000.2015 Jun;68(1):282-307.

歯槽骨内欠損における再生治療の臨床的コンセプト

Clinical concepts for regenerative therapy in intrabony defects.

PMID: 25867990

抄録

歯周組織の再生は、孤立性および多発性の骨内欠損の治療において、効果的で予測可能な処置であることが示されている。システマティックレビューのメタアナリシスによると、オープンフラップデブライドメントに加えて、脱灰凍結乾燥骨移植、バリアーメンブレン、活性生物学的製品/化合物を適用すると、臨床的アタッチメントレベルの向上という点で、さらなる利益が得られることが示されている。その一方で、異なる研究間で、また各研究の実験集団内で、結果に一貫したばらつきが見られる。このばらつきは、少なくとも部分的には、患者と欠損の特性の違いによって説明される。患者関連因子には、喫煙習慣、家庭での口腔衛生の遵守、原因療法後の残存炎症などがある。欠損に関連する要因としては、欠損の深さとX線写真の角度、残存骨壁の数、ポケットの深さ、可動性亢進の程度などが挙げられる。さらに、外科的技術、臨床経験と知識、異なる再生材料の適用など、外科関連の変数が臨床結果に大きな影響を与える。本論文では、歯周組織再生の臨床結果を最適化するための戦略を紹介する。フラップの外科的デザイン、異なる再生材料の使用、適切な受動的縫合の適用について、科学的根拠とともにこの総説で述べている。

Evidence indicates that periodontal regeneration is an efficacious and predictable procedure for the treatment of isolated and multiple intrabony defects. Meta-analyses from systematic reviews indicate an added benefit, in terms of clinical attachment level gain, when demineralized freeze-dried bone allograft, barrier membranes and active biologic products/compounds are applied in addition to open flap debridement. On the other hand, a consistent amount of variability of the outcomes is evident among different studies and within the experimental population of each study. This variability is explained, at least in part, by different patient and defect characteristics. Patient-related factors include smoking habit, compliance with home oral hygiene and residual inflammation after cause-related therapy. Defect-associated factors include defect depth and radiographic angle, the number of residual bony walls, pocket depth and the degree of hypermobility. In addition, surgical-related variables, such as surgical skill, clinical experience and knowledge, and application of the different regenerative materials, have a significant impact on clinical outcomes. This paper presents a strategy to optimize the clinical outcomes of periodontal regeneration. The surgical design of the flap, the use of different regenerative materials and the application of appropriate passive sutures are discussed in this review along with the scientific foundations.