会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

共通可変免疫不全症の成人患者における慢性鼻副鼻腔炎の有病率、位置および断層撮影による重症度 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Rev Alerg Mex.2015 Jan-Mar;62(1):15-21.

共通可変免疫不全症の成人患者における慢性鼻副鼻腔炎の有病率、位置および断層撮影による重症度

[Prevalence, location and tomographic severity of chronic rhinosinusitis in adult patients with common variable immunodeficiency].

  • Gabriela Angulo-Pérez
  • Eulalio Vivar-Acevedo
  • Alejandro Vargas-Aguayo
  • Eunice López-Rocha
PMID: 25758109

抄録

背景:

共通可変免疫不全症(CVID)は、成人の最も一般的な抗体欠損症の一つである。呼吸器感染症の有病率は、一般人口の2~16%に対して75%と報告されています。慢性鼻副鼻腔炎は、副鼻腔と鼻に影響を及ぼす炎症性疾患である。

BACKGROUND: Common variable immunodeficiency (CVID) is one of the most common antibody deficiencies in adults. The prevalence of respiratory infections have been reported in 75% vs 2-16% in general population. Chronic rhinosinusitis is an inflammatory disease affecting paranasal sinuses and nose.

目的:

成人CVID患者における慢性鼻副鼻腔炎の有病率、影響を受けた副鼻腔、CTスキャンによる重症度を示すこと。

OBJECTIVE: To show the prevalence of chronic rhinosinusitis, affected sinus and severity by CT scan in adult patients with CVID.

材料と方法:

慢性鼻副鼻腔炎患者21名を対象に、記述的、観察的、横断的研究を行った。全患者に副鼻腔CTスキャンを実施し、耳鼻咽喉科医による評価を行った。慢性鼻副鼻腔炎の重症度はLund-McKayスコアで評価した。

MATERIAL AND METHOD: A descriptive, observational and cross sectional study was made including 21 patients with CVID. Paranasal sinus CT scan was performed to all patients and was assessed by Otolaryngologist. The chronic rhinosinusitis severity was assessed with Lund-Mackay score.

結果:

慢性鼻副鼻腔炎は副鼻腔と鼻の炎症性疾患であり、21名の患者のうち女性15名(71.5%)、平均年齢40歳(±13歳)、12名が慢性鼻副鼻腔炎であり、Lund-Mackayスコアによると、重症型が2名(17.8%)、中等症型が3名(7.7%)、軽症型が7名(54.5%)であった。最も影響を受けたのは両側上顎洞(n=7、33%)、篩骨(n=6、26%)、片側上顎洞(n=4、19%)、前頭洞、蝶形骨(n=3、13%)であった。解剖学的には、中隔逸脱(n=6、28.5%)、上顎中隔(n=3、14.2%)、両側上顎洞低形成(n=2、10%)、片側上顎洞水疱(n=2、10%)、肺炎化したアガーナシ細胞(n=1、4.7%)が認められました。

RESULTS: Out of 21 patients, 15 were women (71.5%); average age was of 40 years (±13), 12 patients had chronic rhinosinusitis; according to Lund-Mackay score, 2 (17.8%) had the severe form, 3 (7.7%) had the moderate and 7 (54.5%) the mild one. The most affected sinus was bilateral maxilar sinus (n=7, 33%), ethmoid (n=6, 26%), unilateral maxilar sinus (n=4, 19%), frontal and sphenoid (n=3, 13%) each one. The following anatomical variations were found: deviated septum (n=6, 28.5%), maxillary septum (n=3, 14.2%), bilateral maxillary sinus hypoplasia (n=2, 10%), unilateral concha bullosa (n=2, 10%) and pneumatized Agger Nasi cell (n=1, 4.7%).

結論:

共通可変免疫不全症(CVID)患者の52%が慢性鼻副鼻腔炎を呈し、Lund-Mackayスコアによると58%が軽度であった;主な罹患副鼻腔は両側上顎洞(33%)であった。一般的な可変免疫不全症患者では慢性鼻副鼻腔炎の有病率が高いため、診断と治療法を確立するために、すべての患者で副鼻腔CTスキャンを実施する必要があります。

CONCLUSIONS: 52% of patients with common variable immunodeficiency (CVID) presented chronic rhinosinusitis, 58% mild according to Lund-Mackay score; the main affected sinus was bilateral maxillary sinus (33%). Due to the prevalence of chronic rhinosinusitis in patients with common variable immunodeficiency, paranasal sinus CT scan should be performed in all patients to establish diagnosis and treatment.

前提:一般的な可変性免疫不全とは、成人で最も自由度の高い体液性免疫不全のことです。炎症性鼻炎のような感染症の頻度は75%で報告されており、一般市民の2~16%と比較しても、この患者の75%で報告されています。La rinosinusinusitis crónicaは、炎症性の炎症性炎症であり、1つまたは複数のシニアの副鼻腔粘膜と鼻腔に感染します。目的は、炎症性皮膚炎の有病率、その局在性および重症度を、不規則な免疫不全を持つ成人患者におけるトモグラフィーで明らかにすることです。材料と方法:横断的、記述的、観察的なスタジオでは、不定愁訴を持つ成人21人の患者が含まれていました。すべての患者は、耳鼻咽喉科と耳鼻咽喉科のコンピュータ断層撮影を行い、耳鼻咽喉科医に評価されました。慢性鼻副鼻腔炎の重症度はLund-McKay法で評価した。結果:21人の患者のうち、15人(71.5%)が女性で、年齢は40歳(±13歳)、12人(52%)が慢性鼻副鼻腔炎を発症したが、ルンド・マッケイの分類によると、2人(17.8%)が発症した。8%)は重症の慢性鼻副鼻腔炎、3人の患者(27.7%)は中等度、7人の患者(54.5%)は中等度でした。局所的には、上顎前頭葉両側7人(33%)、前・後側帯状帯状体6人(26%)、上顎前頭葉片側4人(19%)、前頭前葉とフェンス状体がありました。n (3人の患者、13%); se encontraron las siguientes variantes anatómicas.閉塞性中隔脱出症(n=6、28.5%)、両側性跛行(n=2、10%)、片側性大水疱症(n=2、10%)、片側性大水疱症(n=3、14.2%)、およびアッガーナシの新リンパ節(n=1、4.7%)。結論。結論:可変性の炎症性疾患を持つ患者の52%が慢性鼻副鼻腔炎、58%が重症化し、主な病変は両側の上顎頭頂部(33%)であった。慢性鼻副鼻腔炎は、免疫不全のある成人の患者に多く見られることから、診断と治療を可能にするために、すべての患者のコンピュータ断層撮影を行う必要がある。

Antecedentes: la inmunodeficiencia común variable es la inmunodeficiencia humoral más frecuente en adultos. La frecuencia de infecciones de las vías aéreas, como rinosinusitis crónica, se reporta en 75% en estos pacientes, en comparación con 2 a 16% de la población general. La rinosinusitis crónica es una enfermedad inflamatoria que afecta a la mucosa de uno o más senos paranasales y la cavidad nasal. Objetivo: conocer la prevalencia de rinosinusitis crónica, su localización y severidad tomográfica en pacientes adultos con inmunodeficiencia común variable. Material y método: estudio transversal, descriptivo y observacional, que incluyó 21 pacientes adultos con inmunodeficiencia común variable. A todos los pacientes se les realizó tomografía computada de la nariz y de los senos paranasales, evaluada por un otorrinolaringólogo. La severidad de la rinosinusitis crónica se evaluó con la clasificación de Lund-Mackay. Resultados: de los 21 pacientes, 15 (71.5%) eran mujeres; la edad promedio fue de 40 años (± 13); 12 pacientes (52%) padecían rinosinusitis crónica, de acuerdo con la clasificación de Lund-Mackay, 2 de ellos (17.8%) tenían rinosinusitis crónica severa, 3 pacientes (27.7%) moderada y 7 pacientes (54.5%) leve. La localización más frecuente fue el seno maxilar bilateral, en 7 pacientes (33%), las celdillas etmoidales anteriores y posteriores en 6 pacientes (26%), el seno maxilar unilateral en 4 pacientes (19%), el seno frontal y esfenoidal, en igual proporción (3 pacientes, 13%); se encontraron las siguientes variantes anatómicas: desviación septal obstructiva (n=6, 28.5%), hipoplasia bilateral de los senos maxilares (n=2, 10%), concha bullosa unilateral (n=2, 10%), tabiques en el seno maxilar unilateral (n=3, 14.2%) y celdillas de Agger Nasi neumatizadas (n=1, 4.7%). Conclusiones: 52% de los pacientes con inmunodeficiencia común variable tenía rinosinusitis crónica, 58% de severidad leve, la principal localización fue el seno maxilar bilateral (33%). Debido a la prevalencia de rinosinusitis crónica en pacientes adultos con inmunodeficiencia común variable, debe realizarse tomografía computada a todos los pacientes para establecer el diagnóstico y tratamiento oportunos.